法人営業向けオンライン研修サービス 営業サプリで営業力UP! 法人営業向けオンライン研修サービス 営業サプリで営業力UP!
  1. 営業サプリコラムTOP
  2. 「売れる営業」養成講座の記事一覧
  3. 受注から納品までの流れと営業がするべきこと

「売れる営業」養成講座 受注・納品・施工

受注から納品までの流れと営業がするべきこと




受注までが営業の仕事と思っている営業パーソンは多い。しかし、その考え方を変えないうちは、継続的に高い業績を上げる営業にはなれない。なぜなら、営業をしていると、自分の力ではなく、ラッキーで売れてしまうことも起こるからだ。

売れる営業は、受注後に、今回は「売った」のか「売れた」のかを区別し、受注できた要因を考え、自分の勝ちパターンを作り上げいくのだ。また、売れる営業は納品にも気を配るもの。納品のタイミングにはアップセルのチャンスがあったり、納品を通じて、社内の納品部門とのリレーション構築ができるからだ。

この「受注・納品・施工」カテゴリーの各記事では、営業パーソンの受注後の役割や受注後も動く事の意味やメリット、さらには、受注から納品までのタイミングで営業がするべきこと(要因分析・追加受注対応・社内調整・納品対応)などについて、以下の5つのポイントを押さえながら解説していく。

1.受注で終わりじゃない!が受注から納品までのフローと営業がするべきこと

2.受注・失注の要因分析

3.追加受注(クロスセル)に向けた動き

4.社内調整

5.納品対応にも気を配ろう

この記事の著者・著書

写真:

エマメイ先生(大塚寿)