リクルート出身コーチがマンツーマン指導 「売れる営業」養成ギプス リクルート出身コーチがマンツーマン指導 「売れる営業」養成ギプス
  1. 営業サプリTOP
  2. ココロとカラダ
  3. 営業リーダーのためのメンタルトレーニングの記事一覧
  4. ストレスに対する感情コントロールは「抑制」ではなく「調整」を意識して

ストレスに対する感情コントロールは「抑制」ではなく「調整」を意識して

日本ではリーダーが感情を表すことを良しとしない傾向にあります。確かに怒ったり、落ち込んだり、感情に振り回されるリーダーは厄介に感じられるもの。信頼されないことも少なくありません。できるだけ感情を上手くコントロールしながら、よいコミュニケーションにつなげたいものです。しかし、リーダーもまた心を持った人間です。「コントロール」の名の下で我慢して抑制ばかりしていると、必ずどこかに問題が生じます。無理することなく、自分の心の動きを捉えて「調整」することが大切です。

【1】動じている状態の自分を知って、平常心を取り戻す

リーダーは「常に冷静沈着」「何があっても動じない」といったように、感情の揺らぎがないことが美徳とされがちです。確かに的確な判断や公正さは平常心の方が発揮されやすいため、大切な場面では、できるだけ感情のゆらぎを調整したいと考えるのはビジネスパーソンとしては当然かも知れません。

しかし、その「平常心」とは、どのような状態をいうのでしょうか。平常心を知るためには、まずは「平常ではない」状態の自分を知ることが大切です。今いる地点が分からなければ、ゼロ地点には戻れません。つまり、冷静になりたいならば「冷静でなければ」と頑なになるのではなく、「いま冷静かどうか」を自問し、自分を冷静にするための策を講じることが大切です。

感情がどんな状態にあるかを客観的に捉えるには、ラッセルの次元理論を使うとよいでしょう。感情をプラス(快)とマイナス(不快)、活性(交感神経が優位)と不活性(副交感神経が優位)という2軸で4分類しており、シンプルに自分の状態を把握できます(図)。例えば、活性×プラスの時はワクワクと楽しく、活性×マイナスは怒りや恐怖を感じている状態です。そして不活性×プラスならリラックスして平穏な状態、不活性×マイナスの時は落ち込んでいる状態です。そのちょうど真ん中が、最も冷静かつ集中できるニュートラルな状態というわけです。

感情のマトリックス

感情のマトリックス
※このマトリックスは、ラッセルの次元理論を簡略化したものです。

こうして俯瞰すると、「元気で前向き」だけがよいというものではないことに気づくでしょう。精力的な人もリラックスした時間は必要ですし、マイナス面の感情にもその人が大切にしていること、こだわっていることが如実に表れています。例えば、大切にしている仕事だからこそ、おざなりな対応に怒りを感じ、大舞台に恐怖を感じ、失敗すれば落ち込むわけです。怒りや恐怖は「獲物を狩る、逃げるべき時逃げる」というように人間が生存していくために必要な感情であり、また、落ち込みや悲しみがあるからこそ、人の痛みや愛情にも気づけるというもの。

つまり、様々な感情の変化があるということは人生においても豊かな経験をしているということですから、それを押し殺す必要はありません。いざ冷静な判断や対応が必要となった時には、感情を今ある場所からニュートラルポジションにすばやく戻せればよいのです。

この記事の情報は公開時点のものです。