法人営業向けオンライン研修サービス 営業サプリで営業力UP! 法人営業向けオンライン研修サービス 営業サプリで営業力UP!
  1. 営業サプリコラムTOP
  2. ココロとカラダ
  3. 営業リーダーのためのメンタルトレーニングの記事一覧
  4. プレッシャーを味方につけて、最高のパフォーマンスを出す方法

プレッシャーを味方につけて、最高のパフォーマンスを出す方法

「期待」は案外やっかいなもの。まったく期待されないのも寂しく、かといって過剰な期待をかけられるとプレッシャーと感じて緊張してしまい、本来の能力が発揮できないこともあります。それも「最も重要なタイミング」であるほど、プレッシャーは大きくのしかかりがち。しかしながら、アスリートでもビジネスパーソンでも一流といわれる人は、大きな期待をかけられて凄まじいプレッシャーにさらされているはずなのに、しっかりと成果をあげてきます。時には余裕すら感じる時も…。そんな「本番に強い人」になるためには、どうしたらよいのでしょうか。

【1】薬にも毒にもなる、変幻自在な「プレッシャー」を味方につける

「プレッシャーに押しつぶされそう」という時、どんなイメージをもっていますか。何か大きな塊があなたを押しつぶそうとしてるような、そんな想像をするのではないでしょうか。人は想像力の強い生き物ですから、言葉のイメージは絶大です。常に自分の上に大きな塊が乗っていることを想像し続けていれば、呼吸も浅くなり、体が固くなり、辛い、だるい…と気分やモチベーションにまで影響します。

それなら、例えばあなたの上に乗っているプレッシャーという大きな塊を「えいっ」と落とすことを想像してみてはどうでしょう。それによりかかる、乗ってみるのもいいかもしれません。すると、案外大したことのないものに感じられませんか。逆に、あなたを温かく包み込んで応援してくれるものに思えてくるかもしれません。ちょっとひいてみて、活用法を考えてみるのも良いでしょう。

こうしたイメージ化による客観法は「ストレスマネジメント」でよく行なわれる手法です。実際そうやって自分とプレッシャーの関係性を見つめ直してみると、プレッシャーというのは絶対的なものではなく、認知によって変化するものであることが分かります。つまり、ストレスと同様に捉え方によって、向上心を高めてくれる天使にも、自暴自棄や失敗に導く悪魔にもなりえるというわけです。

すぐにプレッシャーを天使に変えられる発想の転換ができる人はいいのですが、そうではなく「いやいや、天使とか悪魔とか意味分かんない。プレッシャーがあるのは事実なんだよ」と、どうしてもプレッシャーを悪く感じてしまう状況では、どうしたらいいでしょうか。
まず、プレッシャーは日常的にじわじわとかかっている場合と、何か特別な時に瞬間的にかかる場合と大きく2種類に分けて考えてみましょう。あなたが抱えているプレッシャーはどちらでしょうか。どちら「も」でしょうか。どんなものでも、まず、具体的に自分が感じているプレッシャーについてよく理解することで、それぞれのプレッシャーにあわせた上手なコントロール(抑制ではなく調整ですね)をすることが、結果的に仕事の上でのパフォーマンスにつながるだけでなく、あなた自身の幸せや自信にもつながります。

この記事の情報は公開時点のものです。