法人営業向けオンライン研修サービス 営業サプリで営業力UP! 法人営業向けオンライン研修サービス 営業サプリで営業力UP!
  1. 営業サプリコラムTOP
  2. ココロとカラダ
  3. 営業リーダーのためのメンタルトレーニングの記事一覧
  4. ウマが合わないと感じるメンバーとの上手な付き合い方とは?

ウマが合わないと感じるメンバーとの上手な付き合い方とは?

チームで仕事をすれば、ウマが合うメンバー、合わないメンバーができることもあるでしょう。仕事だからと、公平であろうとすればするほど、苦手な人を意識してしまい、自然に振る舞うつもりがギクシャクしがち。ともすると「相手も自分のことを嫌っているのではないか」と思い込んでしまうこともあります。なぜ、ウマが合わないと感じるのか、そう感じた時にはどのように対処していけばいいのか。メンバーが一丸となって“仕事を進めていくため”に必要な「心のスキル」について伺いました。

【1】「ウマが合わない」と感じる状況と理由を正しく捉えよう

「ウマが合わない人がいる」という時、まずは好き嫌いという簡単な判断をする前に、それが自分にとってどんな状態なのかを考えてみましょう。すると「意見が対立する」「話が伝わりにくい」など様々な状況が浮かんでくるはずです。おそらくリズムやテンポ、目の付け所などが違っていて「ツーカーでやれない」ということが、そもそものきっかけであることも多いのではないでしょうか。

「通じにくい人」という印象を持つと、苦手意識が生まれ、それを気取られないよう、ますますコミュニケーションが減るという人もいるでしょう。しかし、その態度はいつしか相手にも伝わり、「嫌われているのかな?」「避けられている?」など、お互いに感情的な問題へと発展し、チーム内に不穏な空気が流れたりします。この不穏な空気こそ、問題をますますややこしくさせるものです。そうなる前に、今、自分が問題と向き合い、解決を図りたいものですね。

まず考えたいのが、「ウマが合わない」と感じる理由です。シンプルにむっとした時の状況を覚えておき、それがなぜなのかを分析してみましょう。 例えば「会議で自分の意見に反論する」「やる気を見せてくれない」など、様々な場面が思い浮かんだ時、なぜ相手がそうするのかを想像してみるのです。

この時、人は「あの人は平成生まれだから」「中途入社だから」などというように、属性に理由を求めてしまうことがあります。でもそれは事実ではないことは、もうお分かりですよね。平成生まれの全員にあなたは会って判断しているのではないからです(笑)。相手を枠組にはめて決めつけることは、同時にあなた自身をも枠組に当てはめることとなり、それはお互いの「お互いならでは」を相互理解することからかけ離れてしまいます。

この記事の情報は公開時点のものです。