法人営業向けオンライン研修サービス 営業サプリで営業力UP! 法人営業向けオンライン研修サービス 営業サプリで営業力UP!
  1. 営業サプリコラムTOP
  2. ココロとカラダ
  3. 営業リーダーのためのメンタルトレーニングの記事一覧
  4. 周囲と合わないメンバーがいて、課の雰囲気がギクシャク…。リーダーとして 取るべき行動とは?

周囲と合わないメンバーがいて、課の雰囲気がギクシャク…。<br>リーダーとして 取るべき行動とは?

実際に悩みを抱えている方のご相談ごとに、京先生から具体的なアドバイスをいただくケーススタディ編。今回は、営業マネージャー3年目のSさんのお悩みを解決します。気持ちが通じないイライラから解放されるために、「合わないメンバーに対処する」方法を一緒に学んで行きましょう。

相談

周囲と明らかに価値観の違うメンバーがいて
なんとなく課の雰囲気がギクシャクしてきて困っています。

  • 相談者:Sさん(3X歳 営業マネージャー3年目)
新人のB君は、「プライベートの時間はきっちり確保したい」派。課のメンバーが集まる飲み会にも、「それってタダ残業ですよね?」と言って、参加しようとせず、なんとなく課の雰囲気もギクシャクしてきて困っています。自分が新人の時は、課の飲み会を断るなんてありえなかったのに…と思いストレスを感じています。

【1】京先生よりアドバイス:
言葉や行動に出ている部分はその人の「氷山の一角」。その人の表面には見えていない考え方を想像するスキルを持つ

人は同じものを見ても、全員が全く同じように感じるわけではありませんよね。ハワイに行って「海がきれいで落ち着く」「遊びまくって楽しかった!」と感想が人それぞれであるように、五感での感じ方も喚起される感情も全く違います。その中で「飲み会」をB君は「タダ残業」と思い、あなたは「親睦を深める機会」と捉えているわけで、同じものを見ても見えているものが違っているということですね。(ちなみに、「タダ残業」という言葉の意味合いも人によって違います。某研究所の新人研究員が、「タダで、色々教えてもらえるのはありがたいです!」と嬉しそうに上司との飲み会に行っていました。(笑))

さて、B君に話を戻します。まずここで私の疑問は、B君は「飲み会」が嫌なのか、「親睦を深めること」自体も嫌なのか、本当はB君ご本人に詳しく伺いたいところです。それによって解決策は変わりますが、今回の場合は、B君は「親睦を深める機会」が嫌なのではなく、「勤務時間外にそうした時間を持つこと」に違和感を感じているのだと仮定しましょう。それにも関わらず、あなたは「飲み会=親睦を深める機会なのだから有無を言わず来るべき」と考え、「新人が飲み会を断るなんてありえない」と思った。そうだとしたら、この「ありえない」は、あなたの考え方の癖から出た発言です。

「その人の考え方」というのは、背景としている文化や経験、得ている情報など、全く異なるものが作りだしています。その一方で、私達は自分の考え方の癖にはなかなか気づかない。自分の考え方に癖があるということは、当然、相手にもそれがあるということです。しかし、その考え方の癖は見えないもの。表に見えている言葉や行動は、その人の氷山の一角のようなもので、表に現れる言動に相容れないものがあっても、その奥に沈んでいる相手の考えていることを想像しようとすることは、結果的に自分の癖に気づくことにもつながります。

実際、B君の言動から、「プライベートを大切にしたいから」と既に1つの背景を想像していますよね。その上で、あなたの価値観ではプライベートと飲み会を天秤にかけて、プライベートを優先するB君に「ありえない」と思っているわけですが、実際に今、「ありえた」わけで…困りましたね。(笑)「ありえない」と思うだけでは何も解決できませんから、「ああ、確かに、ありえちゃってるから、私は今、困ってるんだわ」と思っていただいた上で、ちょっと視点を変えてみませんか?

原点に戻ってみましょう。そもそも「親睦を深めること」がリーダーとしてのあなたの目的なのであれば、「親睦を深めるには飲み会が一番!」という自分の中の「正解」以外にも、目的を達成するための方法はたくさんあるはず。「B君と“親睦を深める”ために自分は何ができるのか」という視点に立てば、思いつくことがたくさんあるはずです。

人というのは、どうしても自分の考え方の癖に気づかず、視野が狭くなってしまっていることが多いのです。そんな時は、自分の言葉や行動を振り返り視点を少し変えることができると、たくさんの代替案が見えてくるようになります。

この記事の情報は公開時点のものです。