法人営業向けオンライン研修サービス 営業サプリで営業力UP! 法人営業向けオンライン研修サービス 営業サプリで営業力UP!
  1. 営業サプリコラムTOP
  2. ココロとカラダ
  3. 営業リーダーのためのメンタルトレーニングの記事一覧
  4. マネージャーとして慣れてきたものの、自分の将来に漠然とした不安を感じるように…。

マネージャーとして慣れてきたものの、自分の将来に漠然とした不安を感じるように…。

実際に悩みを抱えている方のご相談ごとに、京先生から具体的なアドバイスをいただくケーススタディ編。今回は、マネジメント業務にようやく慣れてきたという営業マネージャー3年目のTさんのお悩み、「将来への漠然とした不安」についてお答えいただきます。

相談

「やりたいこと」を実現している友人を見て
自分の将来について漠然とした不安を感じます。

  • 相談者:Tさん(36歳 営業マネージャー3年目)
営業マネージャーになって3年目。マネジメントの仕事にもようやく慣れてきたものの、あまりの忙しさに時間だけがただ過ぎ去るような日々を過ごしています。そんな時に、大学時代の仲間が会社を辞めて、ずっとやりたかったというカフェを開業したと聞きました。思えば私は大学を出てなんとなく今の会社に入り、それなりに頑張ってきたつもりでしたが、友人の開業の話を聞いてから心が落ち着かず「自分はこのままでいいのか?」と不安と焦りを感じています。

【1】京先生よりアドバイス:
不安は改めて新しい一歩を踏み出すための原動力

将来に対して「不安」を感じているんですね。あえて言いましょう。おめでとうございます!それは、本当にすばらしいことなんです。

不安であるということは、自分の人生について、将来について興味を持っているということですよね。「先のことなんて、どうにかなるでしょ!今が楽しければ!」という人よりも、よっぽどあなたは、真剣に考えているとも考えられます。
そして、もしかすると、今のあなたは、多少なりとも今の仕事に落ち着いてきて、余裕がある状態なのかもしれません。実際、あなたはマネージャー職に就いてしばらくは、1日1日に必死で、将来に不安を感じる余裕もなく頑張ってきたはず。つまり、新しい一歩を踏み出す準備ができているからこそ、不安を感じているのだとも考えられるのです。

そもそも私達の人生は、いつ何が起こるかわからないわけですから、不安を感じることは自然なことですよね。将来に起こるトラブルを予期できないからこそ、想像すればするほど不安は募ります。その意味で、誰でも多かれ少なかれ不安を感じているのです。

しかし、問題なのは「不安に取り憑かれてしまうこと」。すなわち「不安の感情に不安になること」です。そこから脱却するためには、まずはその不安を見つめてみましょう。すると「先を越された気がする」「今やっていることが間違いかも」といった「不安のもと」が見えてきませんか。ご友人の今後のことは、この際どうでもいいこと。その話を聞いた時に、あなたがなぜそのように感じたのか、その理由を突き止めることが大切です。

もし、「やりたいことをやれていない」と言うのなら、「やりたいこと」を明確化すれば、現実的な解決策としての第一歩を踏み出すことができるでしょう。例えば、カフェを開きたいならば店舗経営の勉強を始める、海外移住をしたいのならば英会話を習う、などです。そして、実は「今やっていること」がそれであることも少なくないのです。

この記事の情報は公開時点のものです。