詳しくはこちら
  1. 営業サプリTOP
  2. 最高の自分でいるための睡眠管理術の記事一覧
  3. 日本は世界的に見て“睡眠不足の国”?

日本は世界的に見て“睡眠不足の国”?

日本は世界的に見て“睡眠不足の国”?

人間に共通して不可欠な「睡眠」。しかし、世界全体をみると国や人種などによってそれぞれ異なる傾向があるようだ。
その中で日本はといえば、睡眠時間が短めで、かつ質もイマイチ!?個人的な問題として片付けられがちな「睡眠」だが、実は文化や社会通念など様々な影響を受けている可能性がある。思い込みや習慣を取り払い、改めて自分なりの睡眠に向き合うことが、「良い睡眠」のための第一歩かもしれない。

りこ

日本人特有の
「睡眠時間が短くなる原因」を取り除こう!

その1
可能であれば、寝室は子どもとは別室にする
その2
「寝ないでがんばることは非効率」と考える
その3
昼寝は「サボり」ではなく、戦略的に活用しよう

日本は世界屈指の不眠の国!?

世界各国の睡眠事情に関する調査によると、日本はOECD加盟国の中で韓国に次いで最も睡眠時間が短い。最も長いフランスに比べると約1時間も短く、特に女性の睡眠時間が短いのが特徴的だ。そして、韓国・日本以外のアジア圏も似た傾向がある。

理由については諸説あるが、1つは子育てに起因するものと考えられている。日本をはじめアジアでは、乳幼児の頃は親が添い寝し、小学生くらいまでは子どもが親と同室で眠るケースも多い。
その結果、子どもの寝相に睡眠を邪魔されたり、夜泣きなどで子どもの世話をしたり、睡眠時間が削られているのではないかというわけだ。女性の睡眠時間が短いこともその裏付けといえよう。

更に日本人を含め、アジア人は子どもの頃から睡眠時間が短いという報告もある。つまり、親と一緒に眠ることで子どももまた睡眠を邪魔されているかもしれないのである。
子ども用の寝室で先に寝かせるという習慣がない場合、親が起きている時間まで起きていたり、親が起き出す時間に一緒に起きてしまったり、どうしても大人の睡眠習慣に引きずられがちだ。

そして、子どもの頃に睡眠時間が短い人は、大人になっても睡眠時間が短いことが多い。その結果、日本全体で睡眠時間が短くなっていると考えられる。

日本は世界的に見て睡眠時間が少ない

日本は世界的に見て睡眠時間が少ない
表側の目盛りは平均睡眠時間(分)。
出典:https://www.oecd-ilibrary.org

睡眠を大きく阻害する文化的な価値観

アジア圏全体で睡眠が短いとなると、人種的な体質によるものと考える人もいるだろう。しかし、現在のところ、人種間で体質の差異があるという研究報告は得られていない。どの人種も「望ましい睡眠」は変わらないのだ。

そこで前述の「子育て事情」のほかに考えられるのが「気温差」である。
基本的に緯度が低い地域では気温が高く、寝つきが悪いと考えられる。世界全体でみれば睡眠時間は北が長く、南が短い。日本や韓国ほどではなくとも、中東や東南・南アジア、アフリカなどで夜の睡眠時間が短い。
とはいえ、その多くで昼間の休憩や昼寝が容認されており、子どものデータでもトータルの睡眠時間でみれば十分に補完されているようだ。

となれば、大人・子どもとも短い韓国・日本は、やはり異常と言えるだろう。そこで考えられるのは「文化における睡眠に対する考え方」である。韓国・日本とも厳しい受験戦争があり、「四当五落(4時間睡眠は合格するが、5時間眠れば不合格)」などという言葉もあるほど「眠らずに頑張ること」が望ましいとされてきた。

それは社会人になってからも変わらず、不眠不休で仕事や子育てに当たることが美徳とされていたりする。その社会通念が「眠らずにがんばること」を強いており、睡眠時間の短さに現れていると想像できる。

見直されつつある眠りとパフォーマンスの関係

もちろん「眠らずに頑張ること」は日本に限らず、世界各国に美談として存在する。実際、全体でみれば睡眠時間が長い国でも、競争の激しい大学生やエリート層では睡眠時間が極端に少ない傾向にあるという。

しかし、近年では睡眠不足がパフォーマンス低下につながることが科学的に立証され、特に欧米では合理的判断から「十分に眠ること」が推奨されるようになってきた。

例えば、米国の多くの大学では仮眠室を導入しており、MBAを取得したエリートの多くが睡眠の質や時間にこだわりを持つ傾向にあるという。更に、イギリスでは始業時刻を8時50分から10時に変更する中学・高校が増えている。
朝を遅めにすることで睡眠時間を確保しつつ、しっかりと覚醒した状態で授業を受けさせ、成績アップにつなげようというわけだ。実際、10時始業制を導入した学校では、成績上位者が34%から50%に上がったという報告がなされているという。

こうした例を見るまでもなく、もはや「寝ずに頑張る」のはナンセンス。最近流行りの「朝活」も誰にでも合うわけではない。社会通念や思い込みにとらわれず、自分に合った眠りを自分の体やライフスタイルと相談しながら考え、実践することが大切なのである。

次回は「寝つきがいいのは、実は気絶?」 をテーマに、「寝つきの良さ」に潜む様々な誤解や危険性について紹介する。

文:伊藤真美  イラスト:なとみみわ

この記事の情報は公開時点のものです。
こちらの記事は、医師の監修のもと制作しております。