抽選で150名様 Amazonギフト券
1000円分プレゼント!
アンケート実施中!
詳しくはこちら
  1. 営業サプリTOP
  2. キーパーソンインタビュー の記事一覧
  3. 伝説となった1日304件の飛び込み営業…。やり抜いた先に見えた“営業しない”営業のススメ

伝説となった1日304件の飛び込み営業…。
やり抜いた先に見えた“営業しない”営業のススメ

評価
大西氏顔写真

大学時代から飛び込み営業でアルバイトながら営業所長を務めるなど、若いころから営業における非凡な才能を発揮していた大西 芳明氏。
1日300件を超える飛び込み営業を実行したという伝説だけでなく、断腸の思いで会社を清算するという苦い経験も持つ大西氏が考える、究極の営業とは?自身の経験から得られた学びについて詳しく語っていただきました。

【1】入社1年で最初の転職、社長として会社清算の経験…これまでの経歴

ご自身の経歴について教えていただけますでしょうか。

1984年に立命館大学を卒業し、当時やっていたアルバイトの関係で、専門商社として350年の歴史を持つ湯浅商事株式会社(現 ユアサ商事株式会社)に入社しましたが、わずか1年で株式会社リクルート(現 株式会社リクルートホールディングス)に転職しました。
実は、たまたま高校の同級生がリクルートに転職し、彼から「商社に面白いやつがいる」という紹介で、リクルートの方に引き合わせてくれたのです。ただ、商社1年目で楽しく仕事をしていましたし、転職するつもりはまったくありませんでした。
でも、お会いした方から翌日に再び連絡をもらい、そこから8回も名古屋に足を運んでいただくことに。結果として根負けしたのが正直なところです(笑)。

リクルートに入社した時は中古車情報を扱う「カーセンサー」に配属され、7年近く経過した後に現業系専門の求人情報誌「ガテン」の創刊直後に大宮の営業所長として赴任しました。
その後、立ち上げた販社への出向や、社内での新たな部署と営業部隊の立ち上げを経験ました。
そして1999年9月にリクルートを卒業(退職)することになったのです。

リクルートを退職してからは、どうされたんでしょうか。

以前からやってみたいと思っていた会社の経営を、とある方の紹介で始めました。その会社はアウトバンド系で営業を行うコールセンター事業が中心だったのですが、結果的に会社を清算することに決めました。
実はオーナーが抱えていた借金問題で粉飾騒動が起こったことが原因でしたが、私のために株主になってくれた方に迷惑はかけられないと自分で判断して、弁護士と相談の上で、オーナーに許可なく破産手続きを行ったのです。
当時は41歳でしたが、本当に路頭に迷うことになった。ここが大きな人生の転機の1つと言えますね。

その後、知り合いからの紹介で株式会社キャリアデザインセンターに専務として赴任し、株式会社パソナなどでは、派遣請負事業の営業や販売を手掛がる事業の役員を務めました。
ちょうどそのころに「サムライ営業 すぐ売れる技術より、売れ続ける極意」(出版 経済界)を出版しました。

「サムライ営業 すぐ売れる技術より、売れ続ける極意」書影

なかなか波乱万丈の人生ですね。その後に株式会社楽天にジョインするわけですね。

出版した本をいろいろな方に配っていたのですが、その1人が楽天の三木谷社長でした。実は、リクルート時代に日本興業銀行(当時)を退職したばかりの三木谷さんに出会っており、その後も交流が続いていました。
そこで出版した本を送ったところ、久しぶりに会おうということに。

一緒に食事をしながらいろんな話をしたのですが、ちょうど楽天が10周年を迎える中で事業のグローバル化も含めて新たな変化をしていく段階にあるとのことで、意気投合してジョインすることになりました。
それがきっかけとなって楽天にお世話になり、取締役として三木谷さんを補佐しながら、経営企画室室長や楽天市場事業の副事業長、楽天クーポン株式会社の代表取締役を経験し、2015年に同社を退職。
そして今の会社である株式会社セールスヴィガーを設立しました。

この記事の情報は公開時点のものです。