抽選で150名様 Amazonギフト券
1000円分プレゼント!
アンケート実施中!
詳しくはこちら
  1. 営業サプリTOP
  2. キーパーソンインタビュー の記事一覧
  3. “お地蔵さん”と呼ばれた私が一人前の営業になるまでの軌跡

“お地蔵さん”と呼ばれた私が一人前の営業になるまでの軌跡

評価
朝田氏顔写真

いじめの経験から人に対してコンプレックスを持っていたがゆえに、あえて自分にプレッシャーがかかる営業職を選択した朝田 思乃氏。
先輩に胸ぐらをつかまれて説教された若き営業パーソン時代の思い出から、自分を変えるために取り組んだ独自の営業手法、社内で営業の四天王と呼ばれるまで長年営業畑を歩んできた朝田氏だからこそのエピソードを詳しくご紹介します。

【1】コンプレックスをばねに営業を志望…自分の人生を変えたかった

ご自身の経歴について教えていただけますか。

1985年に営業希望で株式会社リクルートに入社したのですが、最初は総務に配属になり、3カ月ほど福利厚生関連の仕事をしました。その後、応援派遣という名目で、アルバイト情報誌事業の飛び込み営業を3カ月経験。
秋に通信事業部に異動になり、本格的な営業活動がスタートしました。そこでは、企業内ネットワーク商品を通じた、新規顧客開拓やコールセンターでの既存顧客フォロー業務を行い、営業の基本を学びました。

途中、雑誌コンテンツをダイヤルQ2で提供するサービス提案が、社内コンテストに入賞したことで、1年かけて企画立案からサービスインまで実施。ラインに戻ったあとは、音声自動応答、FAX一斉送信サービス、携帯ASPなどの付加価値通信の営業に従事。
2002年からは結婚情報誌や化粧品サンプリング誌など新たな領域で営業マネージャーを経験したのち、2003年9月にリクルートを卒業(退職)しました。基本的には、入社してから一貫して営業畑を歩んでいます。通信事業の時代には2人の子どもを授かりました。

リクルート退職後はベンチャーを経験されたとか

当時はマネジメントの本質が分かっておらず、マネージャーとしては苦労しました。リクルートを辞めてからは、自分の力試しもしたくて、なるべくリクルートから遠い領域で働こうと、医療系のベンチャーに転職。
その後、人材紹介会社に2年半、教育系ベンチャーにも1年半ほど在籍しました。
転職続きで、ホトホト疲れてしまい、何か自分でできることをやろうと2008年に株式会社プロビーダを設立。立ち上げ当初は、事業内容も漠然としていましたが、友人から研修講師が足りないので手伝ってくれないか、と言われたことが今につながっています。
現在、メイン事業は、人材育成を通じた組織開発ですが、研修内容には、自分が営業として、あるいはマネージャーとして苦労したからこそこんなことが分かっていたら…ということを、たくさん盛り込んでいます。

株式会社プロビーダホームページ
画像は株式会社プロビーダホームページより転載

営業畑を歩み続けていらっしゃいますが、営業希望だった理由は?

小学校や中学校でいじめにあったことで、人と接するのが苦手だし恐かった。そんな自分を変えたくて、高校に入った時に、不得意なことに取り組むことがコンプレックス解消につながるかもと、運動が苦手ながら軟式テニスを始めました。
最初は続けることを目標に、次には試合で勝つことを目標に、結局大学までテニスを続けることになりました。

そして、社会人になる時、自分にとって一番プレッシャーのかかる領域で勝てるようになれば、自分らしい人生を歩めるのではないかと考えました。
人に対するコンプレックスを持つ私にとって、最もプレッシャーのかかる仕事が営業だったわけです。自分の人生を変えたいという思いで、営業を志願しました。

自分の不得意な領域に踏み込むのは勇気のいることだと思います。当初は営業に対してどんなイメージがありましたか。

実はうちの父がすごく堅い人だったのですが、35歳にして初めて建築の営業に従事し、変わっていく様を目の当たりにしたんですね。
最初は全く売れなかったものの、手土産代わりに覚えたての民謡をお客さんの家で歌うなど、彼なりのやり方で努力をし続けたようです。「契約が取れた!」と満面の笑みで帰ってきた父を印象深く覚えています。

その日を境に、父は自信が服を着て歩いているような人に変わりました。堅物な父が面白い人になっていったのです。
実は、いじめにあうのは私自身がまじめすぎてつまらない人間だからでは?という思いもあり、面白みのある人間になりたかった。
父を見ていると、営業には人の幅を広げる何かがあるように思え、プレッシャーがある中で、ぜひ営業をやってみたいと考えたのです。

この記事の情報は公開時点のものです。