詳しくはこちら
  1. 営業サプリTOP
  2. キーパーソンインタビュー の記事一覧
  3. 恐れていたのは“失敗”ではなく“一歩踏み出す”ことだった! 第一線で活躍し続ける営業マインドの極意

恐れていたのは“失敗”ではなく“一歩踏み出す”ことだった!
第一線で活躍し続ける営業マインドの極意

恐れていたのは“失敗”ではなく“一歩踏み出す”ことだった! 第一線で活躍し続ける営業マインドの極意

プルデンシャル生命保険株式会社のエグゼクティブ・ライフプランナーとして活躍し、 優績者のみに認められるMDRT会員資格の基準を何十年も連続で達成し続けるなど、今なお現役のトップ営業パーソンとして最前線に立つ小山 聡章氏。
そんな小山氏が歩んできたキャリアの中で学んできた、営業における考え方やそのスタンスなどについて詳しく語っていただきました。

【1】大学受験の失敗から人生の逆転を目指す!居心地よりも自分の成長を

これまで歩んできたキャリアについて教えて下さい。

大学卒業後は株式会社リクルート(現 株式会社リクルートホールディングス)へ入社し、企業内線電話サービスを販売する新事業部門に配属され、FAXの一斉同報サービスを販売する部署を経て、数年後にはボイスメールを扱う部署で初めて営業マネージャーを経験。
1998年には現在も籍を置くプルデンシャル生命保険株式会社に転職しました。

就職活動当時は商社や銀行からも内定をいただいていたのですが、たまたま高校時代の友人に誘われてリクルートでアルバイトをする中で、新規事業領域を次々と切り開く勢いそのままに、活気に満ちている雰囲気に魅力を感じ、リクルートを選択したのです。
実は、浪人したものの大学受験に失敗したという私なりの挫折を経験し、学歴とは無縁の、自分の実力で勝負できる場所で、人生を逆転したいという思いもあったのが正直なところです。

記事タイトル

未経験の生保業界に転職したきっかけはどんなことでしょうか。

今思えば、自分で何か証を残したいという思いがあったのではないかと思っています。
実は転職する数年前に今の会社からアプローチいただいたことがあったのですが、その時はこの先もリクルートで働いた方が成長できると判断しました。
その後、経営者の集まる異業種交流会に参加させていただいた折、数年後を見据えて常にチャレンジし続ける経営者の覚悟に尊敬の念を感じつつ、激しく心が揺さぶられました。
そのことがきっかけで、100を1万にするよりも、ゼロを100にするということに挑戦してみたいという思いが強くなったのです。
ただ、本来なら自ら起業するという選択肢もあったはずですが、当時は力もないしアイデアもなかった。そんなタイミグで今度は別の方からお誘いをいただきました。
30代を迎えるにあたって、居心地のいい会社にずっといるよりも、違うステージに立つことで自分が成長できるのではと考えたのが転職の大きな理由です。

この記事の情報は公開時点のものです。