1. 営業サプリTOP
  2. キーパーソンインタビュー の記事一覧
  3. 育児のために休んでばかりで後ろめたさも… 双子の出産を機に、共感を呼ぶ営業へ成長

育児のために休んでばかりで後ろめたさも…
双子の出産を機に、共感を呼ぶ営業へ成長

評価
育児のために休んでばかり…後ろめたさや被害妄想も 双子の出産を機に価値観が変わり、共感を呼ぶ営業へ成長

「たまごクラブ」「ひよこクラブ」や「いぬのきもち」「ねこのきもち」などのメディアで、ママや家族をターゲットに、大手広告代理店や関連したクライアントを担当する、法人向けの広告営業のチームを率いる株式会社ベネッセコーポレーション Kids&Family事業本部 企画開発部の夏坂 奈菜子氏。
グループリーダーとして営業メンバーをけん引しながら、プライベートでは双子のママとして日々奮闘する夏坂氏に、これまでのキャリアを振り返ってもらいながら、出産を経験することで変わった価値観や営業に対する思いなどについて伺った。

【1】媒体に縛られた広告代理店から媒体社へ転職!これまでのキャリア

これまでのキャリアについて教えて下さい。

大学院で文学部修士課程を経て、新卒として新聞社系の広告代理店に就職し、3年ほどして現在の株式会社ベネッセコーポレーション(以下、ベネッセ)へ転職、ここで初めての営業を経験しました。入社後に結婚、双子の出産を経験し、育休から復帰後は内勤中心の企画職に2年ほど従事し、組織変更のタイミングで現在の営業職に戻っています。
現在は大手広告代理店及び関連したクライアントを担当する法人営業ユニットのグループリーダーをしており、「たまごクラブ」や「ひよこクラブ」などの育児メディアをはじめ、「bizmom」「WOMEN’S PARK」「サンキュ!」などの主婦向けメディア、「いぬのきもち」「ねこのきもち」などファミリー向けメディアなど各種媒体を扱っています。

夏坂氏顔写真

転職をご経験されていますが、その理由について教えて下さい。

もともと広告代理店に就職したのは、様々なメディアを駆使してお客さまの課題解決を支援できるような仕事をしたいと思っていたからなのですが、配属されたのは新聞部で、新聞媒体社と営業をつなぐ社内での調整部門でした。
たとえ得意先さまの案件がフィットしないものであっても、自分が担当している媒体社の新聞しかお勧めできない状態で、当時から葛藤がありました。代理店なのに他にいいものがあってもお勧めできないのであれば、多くの媒体を持つ媒体社自体の広告営業になったほうが割り切って仕事ができるのではと考えたのです。

また院卒で卒業後3年ほど経過し、ちょうど20代後半に差し掛かっていましたことも転職を決意した理由の1つです。私がいた新聞部は毎日校了日がやってくるような多忙な部署で、このままだと結婚したり子供を産んだりといったことが難しいのではと考えたのです。
ベネッセは女性でお子さんがいても働いている方が大勢いるイメージで、女性向けや子育てに関する媒体も展開していたことから、将来の予習もできるのではないかと興味を持ち、転職を決意しました。

この記事の情報は公開時点のものです。