詳しくはこちら
  1. 営業サプリTOP
  2. キーパーソンインタビュー の記事一覧
  3. 銅メダル獲得後にも試練が…トップアスリートに学ぶ「自分を知り自分の人生を選ぶ生き方」

銅メダル獲得後にも試練が…
トップアスリートに学ぶ「自分を知り自分の人生を選ぶ生き方」

銅メダル獲得後にも試練が…トップアスリートに学ぶ 「自分を知り自分の人生を選ぶ生き方」

メンタルトレーニングのエキスパートであり、近年では国際オリンピック委員会(IOC)マーケティング委員/認定アスリートキャリアトレーナーとしても精力的に活動している田中ウルヴェ京氏。鋭い視点と気さくな人柄で人気のコメンテーターとしてご存知の方も多いでしょう。
元はシンクロナイズドスイミング選手として1988年ソウルオリンピックで銅メダルを獲得し、米国の大学院に留学、日・米・仏の代表コーチを務めるなど、輝かしい経歴を持ちながら、「35歳まで常に怒りと落ち込み、被害妄想の中にいた」と振り返ります。そんな田中氏が長いトンネルを抜け出し、「こんな自分でもいい」と今の自分を肯定するに至るまでの経緯について伺いました。

【1】原動力は「褒められたい」「認められたい」という思い

田中さんのキャリアのスタートである、シンクロとの出会いについて聞かせて下さい。

6歳の時から通っていたスイミングスクールで、3歳上の姉がシンクロを始めて、「私も私も!」と無理に入れてもらったのがきっかけです。7歳で小学生の全国大会予選に出るなど泳ぎは得意でしたが、姉達と同じことをしたかったんですね。ソロでやらせてもらい、プール全体を丸ごと使って踊るように泳ぐのが本当に楽しかったことを覚えています。
それが10歳で、12歳の時には東京シンクロクラブに入り、週6日練習するようになりました。ただ、もうその頃には、あまりに練習が厳しくて、「今年こそ辞めよう」と毎年思っていました。

シンクロ選手時代の田中ウルヴェさん

なんと、いきなりですか?それでも続けられて史上最年少の15歳で日本代表チームに選出されています。

そう、乗りやすい性格といいますか(笑)、周りの大人に褒められると頑張るし、結果が出ると自信がつくし、試合に勝つとやっぱり嬉しいんですよね。そして負けると「次こそは!」と思う。でも練習は苦しいし楽しくないし、学校の成績は落ちるし、常に憂鬱でした。
それが15歳でシニア日本代表チームに選出されて、19歳で日本ソロチャンピオンになって。自分が21歳で迎えることになるソウルオリンピックに出場しメダルを取る、ということは常に目標にしていたので、少しずつ覚悟を持っていったのだと思います。

オリンピックに出場して実際にメダルを獲得するためには、単に試合に勝ちたいとか、周りの人に褒められたいという欲求だけでは、モチベーションが維持できない気がします。他にモチベーションを上げる動機となるものがあったのでしょうか?

モチベーションに関する理論の中で、人が何かをやり遂げるためには、様々なモチベーションの種類を多様に変遷させていくことが大事であることが分かっています。私自身も当時は気づいていなかったですが、様々な種類のモチベーションを変化させていったのだということを、のちに心理学を学んだ時に気づきました。
水泳が好き、勝つのが好き、ということだけでなく、何かができるようになるまでの知的好奇心や、できた時の自己効力感…。モチベーションの種類は様々です。

ストレスすら、やる気につながることもありますよね。例えば、他者からの評価、特に「自分が評価されていない」というストレスは、選手時代、常に私のモチベーションに直結していました。
もともと目立ちたがりで負けず嫌いな上に、更にパートナーでありライバルでもある小谷実可子さんの存在が大きな刺激になりました。同い年の彼女とは小さい時から一緒の試合に出ていましたが、高校生の時から、同じ海外試合に行って空港に戻ってきても、テレビで扱われるのはミカちゃんだけ(笑)。世の中はなぜこんなに外見の差で評価を変えるのかと、怒っていましたが、本当は羨ましくてしょうがなかったのです。
自分が日本選手権のソロで優勝しても、翌朝の新聞には「田中優勝」ではなく「小谷負けた」の大きな見出し。掲載されている写真も私ではなかった。
今となっては本当に自分でバカだなぁって思いますけど、当時は悔しく、そして悲しかったです。でもそういったネガティブな感情である怒り、悔しさや落ち込みは、当時の大きなモチベーションになっていました。

更に88年のソウルオリンピック最終選考会では、両耳の鼓膜に穴があいて中耳炎が悪化し、途中で4位に落ちたことで「番狂わせ」と言われ、苦しみながら演技を続けたこともあります。
なんとかオリンピック枠の3位に入賞したものの、実際に出場できるのは2人だけ。しかも本番の前々日まで出場するのは誰なのかが知らされないのです。
次々と押し寄せる精神的なプレッシャーに対しては、ひたすら自分と向き合って、自分と対話し続けるしかなく、乗り越えようと必死でした。

田中ウルヴェさん顔写真

そんな過酷な競争を乗り越えてオリンピックの代表となり、檜舞台では銅メダルを獲得しています。

自分にとって、あのデュエット決勝は、パートナーとの同調性を全身で感じながら、頭では冷静という不思議な感覚がありました。最高の演技で終えることができ、結果として銅メダルが獲れたことにも満足しています。何よりギリギリまで精神的に追い詰められながらも、自分の演技に集中できたことも嬉しかった。だから当時は「完全燃焼」と表現していたと思います。
しかし、実は最近になって「オリンピック後、あと1年でいいから引退する前にソロをやっておきたかった」という心残りがあったことを口にできるようになりました。当時はソロどころか、デュエットにも出られるかも分からない状況で、「ソロをもう一度やりたい」と思うこともおこがましいと思っていたのです。理想と現実の乖離があり過ぎて恥ずかしかったこともあります。

この記事の情報は公開時点のものです。