詳しくはこちら
  1. 営業サプリTOP
  2. キーパーソンインタビュー の記事一覧
  3. 専業主婦、ズタボロから売れる営業に 女性営業が活躍できる社会に貢献したい

専業主婦、ズタボロから売れる営業に
女性営業が活躍できる社会に貢献したい

専業主婦、ズタボロから売れる営業に女性営業が活躍できる社会に貢献したい

女性営業が約3600人集まる「営業部女子課*」の主宰として、営業女子のネットワークづくりや能力・キャリア開発などの教育事業、行政とのコラボレーションなど多方面で活躍中の太田彩子氏。もとは株式会社リクルートで数々の賞を受賞した敏腕営業パーソンであり、独立後には会社を起業し、上場企業の取締役や内閣府の「子ども・子育て会議」委員を経験するなど、そのキャリアはまばゆいばかり。しかしリクルートに入社後しばらくは、スケジュールは真っ白、「自分には無理」とため息ばかりの日々だったと言います。そんな太田氏が営業に目覚め、実績をあげられるようになるまでには、どのような物語があったのでしょうか。

*営業部女子課:一般社団法人 営業部女子課の会

【1】大学生から専業主婦、そしてズタボロの営業時代

太田さんが社会人としてキャリアをスタートされた頃のお話を聞かせて下さい。

実は社会人スタートは「専業主婦」だったんです。大学3年の時に結婚・出産を経験しました。テスト休み中に子供を生んだので留年はせず、同級生が就活をしていた4年生の頃は子育てに奮闘していました。なかなかハードな生活でしたが、若いってすばらしいですよね(笑)。出産というライフイベントを経験したのは幸せで喜ばしいことではあったのですが、そのまま専業主婦になった頃は、周りを見るにつけ「私の人生どうなっちゃうの?」という焦りと不安でいっぱいでした。

子育てや家事の合間に資格をとったり、ちょっとした仕事をしたりはしましたが、経済的な事情やしっかり「働きたい」「働かなきゃ」と思い、いろんな会社に履歴書を送り、面接をしまくりました。
でも、当時は、日本企業のほとんどが「子持ち」と聞くとその場でアウト。まして私は就業経験がなかったのでアピールすらできず、ゼロからというより、マイナスからのスタートだったわけです。

そんな中で、たまたま拾って下さったのがリクルートでした。本当に当時の上司には今も頭が上がりません。でもリクルートという会社って、どこか苦労人というか、変わった経歴の人が好きなところがあるようなんですよね。ただ、そうやって私の営業人生がはじまったわけなので、好きで営業を選んだわけでも、誰かにひっぱられたわけでもなく、“生きるために”やらざるを得なかっただけなんです。

でも、ご経歴ではMVP賞も取られていて、実は営業に向いていたということですよね。

いいえ、最初はズタボロでした…。
私が持っていた営業のイメージは、企画やマーケティングをしながら、お客様にご提案するというものでしたが、現実は全く違いました。ビル内の会社を上から下まで訪問する“ビル倒し”も“飛び込みキャンペーン”もやりました。すごく嫌な顔をされるし、怒られるし、人生でこんなにダメ出しされたのは初めてで、心が折れました。「絶対向いてない、やめてやる!」って離職を何度決意したことか。

太田彩子さん顔写真

今思えば、マインドセットができていなかったんですよね。「行きなさい」と言われるから、嫌々でもとりあえず行く。なぜ行くのか、なぜ怒られるのか、意味も分からず、自分の意思がなかったのです。だから毎日が苦行で、成績もズタボロ。アポのない真っ白なスケジュールを眺めながら、毎日どうやって時間を潰そうかばかり考えていました。

この記事の情報は公開時点のものです。