法人向け「売れる営業」養成講座 オンライン研修 開始しました! 法人向け「売れる営業」養成講座 オンライン研修 開始しました!
  1. 営業サプリTOP
  2. キーパーソンインタビュー の記事一覧
  3. 波乱の船出、2100億円の放映権料獲得…ビジネスの世界から転身したJリーグチェアマンの金言

波乱の船出、2100億円の放映権料獲得…
ビジネスの世界から転身したJリーグチェアマンの金言

波乱の船出、2100億円の放映権料獲得…ビジネスの世界から転身したJリーグチェアマンの金言

現在、Jリーグ(公益社団法人日本プロサッカーリーグ)の第5代チェアマンを務める村井満氏は、サッカーのプロ選手や指導者としての経歴を持たず、2014年のチェアマン就任までは株式会社リクルートの役員や、リクルートのグループ企業の社長を務めた根っからのビジネスパーソンでした。
そんな同氏が現在、チェアマンとしてJリーグをけん引するに当たり、ビジネスパーソン時代の経験やバックグラウンドはどのように役立っているのか、お話を伺いました。

【1】波乱の船出となったチェアマンの仕事

もともとビジネスの世界で活躍されていた村井様が、Jリーグの運営に関わるようになったきっかけは何だったのでしょうか。

リクルートグループ内で転職サービスを手掛けるリクルートエージェント(現リクルートキャリア)という会社の社長をしていた時に、CSRの一環としてプロ野球選手とプロサッカー選手の現役引退後のセカンドキャリアをサポートする活動を始めました。
そうした縁がきっかけとなって、2008年に「Jリーグの理事をやらないか」とお声掛けいただきました。
個人的にも高校時代はサッカー部に所属しており、三度の飯よりサッカーが好きでしたから、二つ返事で承諾しました。

当時は入場者数の低迷やスポンサー離れ、財政悪化など、Jリーグは様々な問題を抱え始めており、その後2011年の東日本大震災の影響もあり、かなり混乱していきました。
そんな中、今後の対応について理事として率直にものを言わせてもらっていたのですが、「そこまで言うなら、理事長(チェアマン)をやったらどうか」と水を向けられたというのがチェアマン就任の経緯です。

村井満さん顔写真

就任された当初は、どんな点に苦労されましたか。

就任直後に埼玉スタジアムで人種差別的なメッセージが掲げられるという事件が発生して、Jリーグ初となる無観客試合の裁定を下すという波乱の幕開けになりました。
また就任した年にブラジルW杯があったのですが日本は残念ながら予選で1勝もできずに終わりました。そんな中、混乱と低迷から脱出するには、当時減っていたメディアへの露出を増やす施策を打つ必要があると考えました。

そこで目を付けたのが、インターネットを通じた試合のライブ配信でした。
当時はまだ、スポーツの試合のネット配信は少なかったのですが、私達は「これからはスポーツもネットによるライブ視聴が主流になる」と確信していました。

それが、英Perform Groupが運営するスポーツ専門ストリーミングサービス「DAZN(ダゾーン)」との大型契約につながったわけですね。
J1、J2、J3すべての試合のライブ中継、そして10年間で約2100億円という巨額の放映権料が話題になりました。

この契約の交渉は、かなり苦労しました。
普通は試合の放映権とともに、コンテンツの著作権もメディア側が所有するものですが、私たちはJリーグ自身が試合の中継コンテンツを制作し、その権利も保有するという点に終始こだわりました。

Jリーグのメディアへの露出を効果的に増やすには、私達自身がコンテンツの著作権を持ち、タイムリーかつ戦略的にメディアに提供する必要があったのです。
これをDAZNとの契約交渉チームの前提に置いたのですが、大詰めの交渉ではリクルートで営業パーソンをやっていたころの経験が生きました。

当時よく「簡単に値引きする営業パーソンは信頼されない」と上司や先輩から口酸っぱく言われたことを思い出しながら、Jリーグの価値を粘り強く訴え、自らの信念を率直に伝え交渉に臨みました。
そのおかげで、タフな契約交渉もまとめ上げることができたのだと思います。

この記事の情報は公開時点のものです。