リクルート出身コーチがマンツーマン指導 「売れる営業」養成ギプス リクルート出身コーチがマンツーマン指導 「売れる営業」養成ギプス
  1. 営業サプリTOP
  2. キーパーソンインタビュー の記事一覧
  3. 出会いと別れ、土壇場、正念場、修羅場…人生の難局を乗り越え続けた男の処世術

出会いと別れ、土壇場、正念場、修羅場…
人生の難局を乗り越え続けた男の処世術

出会いと別れ、土壇場、正念場、修羅場…人生の難局を乗り越え続けた男の処世術

アパレルメーカーからキャリアをスタートさせ、IT企業創業を経て、複数の店舗を展開するレストランオーナー、そして現在はフリーのレストランプロデューサーとして活躍する今井 桂氏。
土壇場、正念場、修羅場…波乱万丈な出来事を数多く経験しながらも、日々前向きに人生を歩む今井氏が語る、持つべき人生のスタンスや考え方をお聞きしました。

【1】働きながら芸術大を目指して7年間浪人、29歳で大学卒業

最初は映画を撮ることを目指していたそうですが、どういうことがきっかけだったのでしょうか?

私自身は草津温泉のある群馬県吾妻郡の出身で、高校の頃に地元の教育長もされていた名士の家によく出入りさせていただいていました。その家に行くと常に新しい刺激を得ることができ、世界にはいろんな物があることに感銘を受けたのです。
その過程で、漠然と映画を撮りたいという思いが強くなりました。映画を撮るために芸術系の学部のある大学に行こうと思い立ったものの、いかんせん家が裕福ではなかった。そこで、入学金や授業料を事前に稼ぐべく、働きながら受験をすることになったのです。結果として一般の私大に入学することになるのですが、それが高校卒業してから7年後のことでした。

今井桂さん顔写真

7年とは時間がかかりましたね!大学に入学したのが25歳ということでしょうか?

お金をためて受験することを繰り返す形でしたので、毎年受験することができず、7年もの歳月が必要だったというのが実際のところです。大学に入学した後は、家庭教師など割のいいアルバイトで生活をつないでいきました。しかし、就職活動の際には、年齢のせいか、面接で私だけ裏口から帰されてしまう、という経験もしましたが、それでも2社から内定をいただくことができました。最終的にはアメリカに法人を持つ地方のアパレルメーカーに就職し、それがキャリアの出発点となりました。

現在は飲食業界のお仕事ですが、当初はアパレル業界に身を置かれていたのですね。

実は大学時代も経済的に厳しい状況が続いていたため、いつもお腹をすかせていました。そんな折、面接でご飯を食べさせてくれるという企業の社長に会いに行ったところ、その場で内定をもらうことができたというのが、アパレル業界に入った経緯です。
そんな縁で入社したのですが、2年頑張ればアメリカに行けると言われ、アメリカに憧れがあった私には夢の入り口に感じられ、とにかく頑張りました。しかし、営業担当だった私の成績が良かったため、逆にアメリカへの赴任が延びていってしまったのです。そこで、新天地を求めて中国で仕事ができるアパレル企業に転職。その後フリーランスになるなど、職を転々とすることになりました。

この記事の情報は公開時点のものです。