法人営業向けオンライン研修サービス 営業サプリで営業力UP! 法人営業向けオンライン研修サービス 営業サプリで営業力UP!
  1. 営業サプリコラムTOP
  2. キーパーソンインタビュー の記事一覧
  3. “やり切る”ことが自信につながる営業リーダーが経営人材になるために必要なこと

“やり切る”ことが自信につながる
営業リーダーが経営人材になるために必要なこと

“やり切る”ことが自信につながる 営業リーダーが経営人材になるために必要なこと

平成の始まりとともにキャリアをスタートさせ、リクルートにて人事部門や広報部門、学び領域の事業部を経て人材コンサルティングベンチャーに転職、経営参画。更にリクルート子会社への転職を経て、現在は株式会社 経営者JPを起業し、経営者やリーダー人材の紹介を行うエグゼクティブサーチ事業やコンサルティング事業を手掛けている井上 和幸氏。井上氏が歩んできたキャリアを振り返りながら、多くの経営者と交流する井上氏が考える、経営人材として求められる資質について尋ねました。

【1】大きな事件の渦中で社会人がスタート…
これまで歩んできたキャリア

ご自身が歩んできたキャリアについて教えて下さい。

やんわりとしたマスコミ志向もあって早稲田大学政治経済学部に入学、就職活動では広告代理店の内定もいただきましたが、人の魅力と「事業的にも何をやるか分からない」魅力に引き付けられて(笑)、卒業後の1989年(平成元年)にリクルートに入社しました。先日元号が令和に改まりましたが、私の社会人歴は平成とともにスタートしたわけです。

実は内定が決まった年にリクルート事件が発覚し、世間に注目された時期でもありました。ただ、メディアでのバッシングとは違う、リクルートで働く先輩達のまじめな姿を目の当たりにして、むしろ一緒に働きたいという思いが強く沸き上がり、内定を辞退することなく入社を決断したのです。848名入社した同期は、皆、同じ決断だったと思います。

最初は人材開発室(人事部門)に配属されリクルートの採用を4年ほど担当、その後は、広報室を経て、進学領域の事業部へ異動して新規事業立ち上げを経験し、2000年1月にリクルートを退職しました。

2010年に今の会社を起業するまでは、私の同期が起業していたベンチャーやリクルートが手掛ける経営幹部人材の転職支援を行う株式会社リクルート・エックス(現在のリクルートエグゼクティブエージェント)にジョインするなど、いくつかの会社を経験しています。

井上和幸さん顔写真

進学領域の事業で新規事業を経験されているというお話ですが、どんな事業を立ち上げたのでしょうか。

実はリクルートに入社してから人事や広報という本社部門を歩んできたこともあり、稼ぐ事業部門を経験したいと考え、毎回、自己申告を出していました。そんな折、新規事業を立ち上げるプロジェクトが動き出していた進学・学び領域の事業ラインへの異動辞令を受けました。

そこでは、社会人向けの学びを支援するキャリアスクールや専門学校の広報雑誌『仕事の教室』の立ち上げに加わりました。仕事の教室では、紙の情報誌だけでなく、リクルートの他の情報誌に先駆けてWebサイトも新たに立ち上げたのですが、当時は編集予算から勝手にお金をねん出し、Webサイトを作ったという経緯があります。もちろん事後に承認をいただきましたが、リクルートが展開する情報誌の中でも、かなり早い段階でWebサイトを手掛けることになりました。

その後は、リクルートの中で事業部横断のポータルサイト「ISIZE」を構築するというプロジェクトが始まり、インターネット推進課が学び事業部の中に設置され、紙の編集や事業企画を手掛けるメディアプロデュースとインターネット推進を兼務することになったのです。

ここでインターネット系のビジネスを経験したことが、その後の転職につながっていくことになるのですが、ちょうど30歳を超えたころ、リクルート自体は入社した当時と比べて自分の中では感覚的に大企業的な存在となってきていました。同時に新しいことにチャレンジしたいという思いもあり、たまたま同期が起業していた採用代行などを手掛ける人材コンサルティングベンチャーに参画したのです。

そこでは、採用関連のDBをシステム化して企業の採用活動を支援するようなモデルを構築し、採用活動のプランニングから説明会の実施なども含め、採用に関する業務管理をアウトソースで請け負う仕事を行っていました。

井上和幸さん顔写真

最終的には今の経営者育成などの事業を手掛けるべく起業されていますが、なぜその事業を手掛けることになったのでしょうか。

もともとベンチャー時代に、自社の幹部人材の採用に自分自身が課題を持っており、エグゼクティブ向けは新たな事業になるとアイデアを温めていたのです。その企業を退職するタイミングでリクルート時代の先輩からお声がけいただき、当時その彼がプロジェクトとして参加していたリクルート・エックス(現在のリクルートエグゼクティブエージェント)にてコンサルタントをすることになったのです。

リクルート時代は新卒採用を手掛け、そして中途採用についても様々な媒体を駆使してのノウハウは持っていたものの、幹部採用は未経験の領域。エグゼクティブサーチに関する事業そのものを学ぶ意味でも、いい経験ができたと思っています。

この記事の情報は公開時点のものです。