詳しくはこちら
  1. 営業サプリTOP
  2. 1分で解る!ビジネスキーワード の記事一覧
  3. アジャイル

アジャイル

アジャイル

「アジャイル」とはソフトウェアを開発するときの開発技法の1つで、「agile」つまり「敏捷な、素早い」という意味のとおり、短期間での開発を重視する考え方。
そもそもは2001年に提唱された「アジャイルソフトウェア開発宣言」に端を発するが、それを実現する手段として「スクラム」が用いられることが多い。

まず、開発対象を小規模な機能に分解して開発を開始。現場での文書を使った伝達は極力減らし、代わりにエンジニアたちはチームを作り、顔を合わせて意思疎通を行いながら作業が進んでいくこととなる。
そしてその場で計画→要求分析→設計→コーディング→テストといった工程を進め、それを反復(イテレーション)することで開発物のクオリティを上げていき、完成を目指していく。
開発対象にもよるが、この反復は1週間から4週間程度で繰り返される。

アジャイル型開発のメリットは、開発途中で要求変更や仕様変更が発生したときのタイムロス、コストアップを最小限にとどめられるという柔軟性があるところ。
必ずしもアジャイル=「迅速」ではないが、営業の現場で迅速な対応は高評価されるもの。
心にいつもアジャイル精神を秘めながら日々の営業活動を進めたいものだ……。

文:二瓶朗  イラスト:室木おすし