詳しくはこちら
  1. 営業サプリTOP
  2. 1分で解る!ビジネスキーワード の記事一覧
  3. PDCA

PDCA

PDCA

事業活動において、主に管理業務での進行を「Plan(計画)」「Do(実行)」「Check(評価)」「Act(改善)」という4段階に分けることで円滑・効率的に進める手法のこと。
4段階の頭文字から「PDCA」と呼ぶ。そしてP→D→C→A→P→D…と、各段階を“回転”するように繰り返していくことから「PDCAサイクル」と呼ばれることも多い。

各段階を簡単に説明していくと、「Plan」で目標達成のために何をすべきか計画を立て、「Do」で計画を元にして実行する。そして「Check」で計画に沿った実行ができていたかを評価し、「Act」では評価から見えた課題を改善する。
こうして各段階を一巡したら最後のActを次のPDCAサイクルのPlanへとつなげ、よりレベルの向上したPDCAサイクルをこなしながら事業活動を継続していくのである。

業種や業務によって、各段階で具体的に何をするかは異なるが、PDCAの根本的な考え方は同じ。
PDCAサイクルは企業の規模や職種に関係なく導入でき、プロジェクトや個人レベルでPDCAサイクルを意識して仕事をこなす人も少なくない。なお、PDCAサイクルの考え方は、ISO 9001、ISO 14001、ISO 27001などにも取り入れられている。
トヨタ自動車をはじめ、名だたる企業がPDCAサイクルを採用しているという。そんな万能感があるPDCAサイクルだけど、もしかしたら仕事だけじゃなく、恋活や合コンにも使えるんじゃなかろうか……?

文:二瓶朗  イラスト:室木おすし