抽選で150名様 Amazonギフト券
1000円分プレゼント!
アンケート実施中!
詳しくはこちら
  1. 営業サプリTOP
  2. 1分で解る!ビジネスキーワード の記事一覧
  3. RPA

RPA

評価
RPA

業務を自動化して効率化を図るため、AIや機械学習、ルールエンジンといった「認知技術」を搭載した「ロボット」を活用する取り組みを意味する。
従来、ロボットによる自動化というと工場での製造ライン業務で採用されるものであるが、そういった技術が及びにくかったホワイトカラー業務で採用されるのが「RPA(Robotic Process Automation/ロボティック・プロセス・オートメーション)」である。
ホワイトカラー業務といっても幅広いものだが、その中でも一定のルールに従って繰り返し行われる作業であったり、構造化されたデータを収集・統合して特定のフォーマットで入力したりといった“自動化”に向いた業務が該当する。具体的には、財務/経理処理や人事情報の入力、社員のITアカウント管理、在庫管理や顧客データの更新など幅広い業務が該当することになる。
つまりRPAにおけるロボットは、ロボットといっても物理的に駆動するものではなく、アプリケーションを自動的に操作・管理する「認知技術を備えたソフトウェア」ということになる。RPAツール、ソリューションを提供するベンダーは多数存在し、それぞれで得意な分野が異なるとともに価格も幅広い。

業務ロボットと耳にして、オフィスで動き回る人型ロボットを想像したあなた、残念ながらそれは見当違い。しかしながらRPAが、将来的にあなたの仕事を奪うライバルになるかもしれない……。

文:二瓶朗  イラスト:室木おすし

RPA