法人向け「売れる営業」養成講座 オンライン研修 開始しました! 法人向け「売れる営業」養成講座 オンライン研修 開始しました!
  1. 営業サプリTOP
  2. 1分で解る!ビジネスキーワード の記事一覧
  3. BtoB、BtoCとは

BtoB、BtoCとは

BtoB、BtoCの意味

「BtoB」は企業間取引、「BtoB」は企業が一般消費者へ商品・サービスを提供するビジネスモデルを指す。

BtoB、BtoC

※BtoG(Business to Government )は、一般的には、企業と政府や自治体(Government)の間で行なわれる商取引のことをさす

BtoB、BtoCの意味をもう少し詳しく!

「B」は「Business」の、「C」は「Consumer」の頭文字を表している。
「BtoB」は「Business to Business」の略であり「企業間取引」を意味する。企業が企業に向けて商品を売ったりサービスを提供したりする取引である。対して「BtoC」は、「Business to Consumer」の略であり、企業が一般消費者へ商品を売ったりサービスを提供したりする取引のビジネスモデルである。
部品メーカーと家電メーカーの取引がBtoB、家電量販店で一般消費者が家電を買うのがBtoCとイメージすれば分かりやすいだろう。
なお、「to」と「2(two)」の語呂合わせで「B2B」「B2C」と表記することもある。

BtoB、BtoCで何が違うの?

上記の家電メーカーと家電量販店の例からもわかるように、BtoBとBtoCでは商品やプロモーション・マーケティング方法などに違いが出てくる。

取り扱う商品

BtoBの取引では素材や部品といった商品が取引されることが多く、BtoCでは完成品が取引の中心となるという違いがある。

プロモーション・マーケティング手法

取引形態の違いから、プロモーションの手法も異なる。BtoBの場合は一般的に製品やサービスの取引先が固定されていることも多いためBtoCと比べるとマスプロモーションはそれほど重要視されないケースも。
一方、BtoCでは、対象となる個人の顧客を1人ひとりあたるのは効率が悪いので企業名や商品名を周知できるように、テレビや新聞などを使ったマスプロモーションが効果的とされる。

BtoBもBtoCも、なんだかアイドルグループの名前のようではあるけれど、ゆめゆめ勘違いせぬように……。

文:二瓶朗  イラスト:室木おすし