1. 営業サプリTOP
  2. 1分で解る!ビジネスキーワード の記事一覧
  3. コンバージョン

コンバージョン

コンバージョン

本来は「変換」や「転換」といった意味がある「コンバージョン(Conversion)」。マーケティング用語としては、Webサイトを訪れたユーザーに何らかの変化が生じて、それによって獲得される「成果」のことを指す。

成果はWebサイトの種類によって異なるもの。たとえばECサイトなら、商品名で検索してサイトを訪問したユーザーが商品を購入すれば、それが成果となり「コンバージョンの獲得」となる。ほかにも、資料請求のページなら訪問者のメールアドレスや電話番号などが入力されて、営業活動のきっかけとなるデータを得られれば、コンバージョンを獲得したこととなる。ネットで完結することだけではない。Webサイトでイベントの告知を行い、実際に会場に訪れる人を増やすことで獲得できるコンバージョンもある。

また、よく見かける関連用語に「コンバージョン率(コンバージョンレート、CVR)」がある。たとえばECサイトで、特定の商品を紹介したWebページを訪れた人の中で実際に購入した人数の割合がコンバージョン率だ。ほかにも、表示されたバナー広告の実際にクリックした割合を計算してコンバージョン率とすることもある。

より良いコンバージョンを追求しようすると、その数を増やすか、率を高める施策を考え、実行し、数値をウォッチして更に改善をしていくことが有効だ。

文:二瓶朗  イラスト:室木おすし