法人向け「売れる営業」養成講座 オンライン研修 開始しました! 法人向け「売れる営業」養成講座 オンライン研修 開始しました!
  1. 営業サプリTOP
  2. 1分で解る!ビジネスキーワード の記事一覧
  3. ROIとは

ROIとは

ROI

企業の「投資対効果」の指標となるのが「ROI」だ。
「return on investment」の略で、日本語だと「投資利益率」と訳される。
投資対効果、つまり投資がどれだけの利益を生んでいるかを数値化するのに使われる。

企業の収益性を計る経営指標の1つでもあるが、分かりにくいマーケティングの効果を明示する「目に見える数値」としてROIが使われることも多い。
計算式は「ROI=利益÷投資額×100」で、パーセント表記となる。
このROIのパーセンテージが高ければ高いほど「投資効果が高い」ということになり、ROIが100%未満であれば「投資効果はない」「投資によって損失が生じている」ということになる。

ROIによって特定の広告やマーケティング施策の効果を計る場合は、「広告(マーケティング施策)によって得られた利益÷それにかかった費用×100」で計算する。
ネット広告の場合は「広告によって得られた利益」を「平均利益額×コンバージョン数」で算出することもある。
ほかにも、IT投資や人材教育についてもROIを算出するケースもあり、ROIによって多様な「投資」に対する「効果」を計測することが可能だ。

ROIはビジネス以外の多彩な場面で使える指標なのだが、自分の身の回りの事柄でROIを計測すると意外なほどムナしくなることがあるので注意したい。
例えばパートナーへの「愛情(投資)」に対して得られた「見返り(利益)」とか……
いやこの話はやめておこう。

文:二瓶朗  イラスト:室木おすし