リクルート出身コーチがマンツーマン指導 「売れる営業」養成ギプス リクルート出身コーチがマンツーマン指導 「売れる営業」養成ギプス
  1. 営業サプリTOP
  2. 1分で解る!ビジネスキーワード の記事一覧
  3. OJT/オン・ザ・ジョブ・トレーニングとは

OJT/オン・ザ・ジョブ・トレーニングとは

OJT/オン・ザ・ジョブ・トレーニング

職場内で実際の業務を通じて職務を学び、人材育成を促すのが「OJT(On-the-Job Training/オン・ザ・ジョブ・トレーニング)」だ。
「職場内教育」という言い方をすることもある。

OJTには「管理監督者(OJTリーダー、トレーナー)」の存在が欠かせず、その責任の下で教育が行われる。もともとOJTは「新入社員、新人に対する基本教育」という意味合いが強く、OJTリーダーはその職場で働く上司や先輩社員といった立場の人間が勤め、マンツーマンでの実地教育によって業務におけるスキルの習得を目指すのが基本とされる。
しかし最近では必ずしも新人を対象としたマンツーマン教育を指すものではなく、職場内でスキルアップ・キャリアアップを目指した勉強会を催して先任者が講師を務めるようなことも広い意味でのOJTとされている。

一方で、OJTを補完する意味合いのある人材育成手段に「Off-JT」がある。職場での教育に限定されるOJTに対して「職場外教育」とも呼ばれるOff-JTでは、人事部のような社内の担当部署や外部の研修機関が作成した研修プログラムを学ぶことで、職場の範囲を超えた企業全般、業界および社会全般において必要な知識やスキルを習得できる。

新人がホイホイ辞めてしまう職場ではOJTのシステムやOJTリーダーに問題がある……なんてこともよく言われるもの。新人教育を現場の教育担当者に任せっきりで、新人が見様見真似で必要な知識を身につけざるをえない職場なら、いろいろ見直しが必要かもしれない。

文:二瓶朗  イラスト:室木おすし