リクルート出身コーチがマンツーマン指導 「売れる営業」養成ギプス リクルート出身コーチがマンツーマン指導 「売れる営業」養成ギプス
  1. 営業サプリTOP
  2. 1分で解る!ビジネスキーワード の記事一覧
  3. マイクロコンバージョンとは

マイクロコンバージョンとは

マイクロコンバージョン

コンバージョン」については以前に解説したように、Webサイトで獲得できる「成果」を指す。「マイクロコンバージョン」も「コンバージョン」に関わる用語、ということは想像できるだろう。

「マイクロ」と聞くと「小さいナニか?」と想像してしまうが、この場合は意味合いが異なる。
「マイクロコンバージョン」とは、コンバージョンに至る前に発生する様々に「細分化」されたアクションの総称だ。

コンバージョンに至るまで、Webサイトを訪れた顧客は、いくつかの段階を踏んでいく。
例えばECサイトなら、商品名の検索、商品詳細の確認、カートへの追加、購入に際してフォームへの住所入力や会員登録などなど……。そういう細々した顧客動向を「マイクロコンバージョン」とし、そのデータを分析することで販売戦略を改善することができるのだ。

特になかなかコンバージョンに至らない商材のケースでは、母数の少ないコンバージョンからでは得られるデータも限られてしまうというもの。
そこでマイクロコンバージョンを分析するのである。コンバージョンが少ないからといってサイト運営や営業活動を諦めてしまう前に、顧客が離脱するのはなぜなのか、どこで離脱するのか? といったことを分析することで、前向きな施策を検討するのだ。

文:二瓶朗  イラスト:室木おすし