法人営業向けオンライン研修サービス 営業サプリで営業力UP! 法人営業向けオンライン研修サービス 営業サプリで営業力UP!
  1. 営業サプリコラムTOP
  2. 1分で解る!ビジネスキーワード の記事一覧
  3. ユニバーサルデザインとは

ユニバーサルデザインとは

ユニバーサルデザイン

「できる限り多くの人が利用可能にすること」 これこそが「ユニバーサルデザイン」の本質だ。それに沿って製品や建物、環境、空間、コミュニケーションなどに関わるデザインが方向付けられる。

建築家でありプロダクトデザイナーや教育者、コンサルタントなど様々な顔を持ったアメリカ人、ロナルド・メイス氏によって提唱された。
メイス氏は車椅子を利用して生活していたが、その中で感じた不便さを解決するべくユニバーサルデザインのコンセプトを提唱した。

「バリアフリーデザイン」が身体の不自由な人、高齢者を対象としたのに対し、ユニバーサルデザインは文化や国籍、年齢や性別、言語や人種などなど世界にあふれる数多くの「差」を超えて多くの人が利用できることが重要とされる。

またユニバーサルデザインには「どんな人でも公平に使える」「自由度が高い」「操作が簡単」「分かりやすい」「安全」「身体への負担が少ない」「十分なスペースを確保する」という7つの原則が存在するが、必ずしもすべてを担保する必要はないとされる。

具体例としては病院や駅などに配置される「トイレの案内看板」が挙げられる。
国際社会となった現代は、身近なところに数多くのユニバーサルデザインが増えつつあるのだ。

いずれ万人に優しい、メイス氏が理想としたようなユニバーサルな世界ができあがることだろう……。

文:二瓶朗  イラスト:室木おすし