「売れる営業」養成講座 オンライン研修

受講規約

第1条(目的)

「売れる営業」養成講座オンライン研修受講規約(以下「本規約」といいます。)は、株式会社サプリ(以下「当社」といいます。)がオンライン及びオフラインで提供する講座(以下「本サービス」といいます。)を利用するにあたっての利用条件について定めるものです。

第2条(サービス内容)

  1. 本サービスは、以下の内容を含むものとし、オンラインによるサービスについては、原則として、当社の運営する本サービスのウェブサイト(以下「本ウェブサイト」といいます。)を通じて提供されるものとします。
    1. 営業に関する講義やロールプレイング等に関する動画や教材の閲覧
    2. 講座の受講履歴の確認
    3. 課題の提出、講師による提出課題へのフィードバック等の指導
  2. 本サービスの提供期間は、利用者が当社に提出する申込書記載のとおりとします。利用者は、当該期間経過後も、当社が定める一定期間中、前項第1号及び第2号のサービスを利用することができます。

第3条(規約の適用)

本サービスの利用を希望する者(以下、単に「利用希望者」といいます。)は、本規約に同意した上で、当社所定の申込書により本サービスに申し込むものとします。申込みが行われた場合には、本規約の全ての内容について同意したものとみなします。

第4条(規約の変更)

  1. 当社は、本サービスを利用する者(以下、単に「利用者」といいます。)の事前の承諾を得ることなく、本規約の全部又は一部を変更できるものとします。
  2. 前項の場合、変更後の本規約は、当社が適当と判断する方法で利用者に通知するものとし、それ以後、利用者が本サービスを利用したときは、変更後の本規約の内容について当該利用者が承諾したものとみなします。

第5条(申込み)

  1. 利用希望者は、本サービスを利用する従業員(以下「受講者」といいます。)を特定するものとし、受講者分のアカウントを申し込むものとします。
  2. 本サービスの申込後に以下の事由が判明した場合は、当社は利用者による申込みを取り消すことができます。
    1. 申込みの際に記入した事項に虚偽があった場合又は第6条の届出事項の変更を行わなかった場合
    2. 利用者が過去に本規約違反等により、申込みを取り消されている場合
    3. 利用者が当社のサービスの代金支払いを適時に行わなかった場合(過去にこのような行為があった場合を含みます。)
    4. 本規約に違反した場合
    5. その他、当社が不適当と判断した場合

第6条(届出事項の変更)

  1. 利用者は本サービスの申込みの際に当社に届け出た内容に変更があった場合、速やかに 当社に変更事項を届け出るものとします。
  2. 利用者が前項の届け出を行わなかったため、当社からの連絡がとれなくなったことにより生じた利用者の不利益その他費用等につき、当社は責任を負わないものとします。

第7条(本サービスの利用環境)

  1. 本サービスは利用者の利用環境(PC等のハードスペック、ソフトウェア条件、ネットワーク環境等)によっては正常に利用できない場合があります。
  2. 利用者は、本サービスの申込時及び本サービスの利用期間中、自己の責任において推奨システム環境の充足について確認し、利用者の利用環境において正常に本サービスの諸機能を利用できることを確認するものとします。
  3. 利用者の利用環境に起因し、本サービスの利用ができない場合、当社はその責任を負わないものとします。

第8条(講座内容及び利用料金等)

本サービスによって提供するコース及び講座の内容並びに利用条件及び利用料金については別途当社が提供する資料のとおりとします。なお、当社が受領した利用料金はいかなる場 合にも返還しないものとします。

第9条(受講者アカウント情報の管理)

  1. 利用者は、利用者の責任において、受講者ID及びパスワード等の本サービスを利用するために必要な情報(以下「受講者アカウント情報」といいます。)を受講者に管理させるものとします。
  2. 受講者は、自己の受講者アカウント情報によりなされた、本サービス上における一切の行為及びその結果について、当該行為を受講者自身が行なったか否か及び受講者自身の過失の有無を問わず、自らその責任を負うものとします。
  3. 受講者アカウント情報は、当該受講者以外の者が使用することはできません。利用者及び受講者は、受講者アカウント情報の譲渡、売買、貸与等の行為を一切行なわないものとします。
  4. 利用者及び受講者は、受講者アカウント情報が第三者によって使用されていることが判明した場合には、直ちに当社にその旨を届け出るとともに、当社からの指示に従うものとします。

第10条(個人情報等の取扱い)

  1. 当社は、利用者から受領した個人情報を、当社のプライバシーポリシーに従って取り扱うものとします。
  2. 当社は、利用者から受領した個人情報を除くデータについて、利用者の営業秘密等、法的に保護されたデータが含まれる可能性があることを認識し理解するとともに、当該法的に保護されたデータを、本サービスの提供以外の目的で利活用する場合には、事前に 利用者の同意を得るものとします。
  3. 利用者は、本サービスの提供期間終了後、当社に提出したデータの消去を当社に要請することができ、この場合、当社は、消去の措置をとるものとします。

第11条(当社による一時停止又は解除)

  1. 利用者が以下のいずれかに該当する場合、当社は、事前に通知することなく本サービスの全部又は一部の利用を一時停止し、若しくは本サービスの利用に関する契約の全部又は一部を解除することができるものとします。
    1. 本規約に違反した場合又は違反するおそれがあると当社が判断した場合
    2. 本サービスの運営を妨害し又は当社の名誉若しくは信用を毀損した場合
    3. その他、当社が不適当と判断した場合
  2. 前項により本サービスの利用が一時停止又は本サービスの利用に関する契約が解除された場合でも、利用者は、本サービスの利用により発生した支払義務等の本規約上の履行責任を免れないものとします。また、当社が受領した利用料金は返還しないものとし ます。

第12条(利用者の禁止事項)

  1. 利用者は、本サービスの利用にあたって、以下の行為を自ら行い又は第三者をして行なわせてはならないものとします。 なお、受講者を含む第三者が行った行為については、 利用者が全ての責任を負うものとします。
    1. 他の利用者、第三者又は当社の著作権その他の知的財産権又はその他の権利を侵害する行為及びこれらを侵害するおそれのある行為。例えば、当社から本サービスを 通じて提供される講義動画、ロールプレイングの動画、講義テキスト等の一切のコンテンツを、本サービスの範囲を超えて無断で複製したり、動画閲覧サイトにアップロードしたりする行為を含みますが、これらに限られません。
      1. 他の利用者、第三者又は当社の財産又はプライバシーを侵害する行為及びこれらを侵害するおそれのある行為
      2. 他の利用者、第三者又は当社に不利益又は損害を与える行為及びこれらを与えるおそれのある行為
      3. 利用者としての権利を、第三者に譲渡、承継又は行使させる等の行為
      4. 他の利用者、第三者、当社又は講師を誹謗中傷する行為
      5. 不正に他の利用者、第三者の保有している情報等を収集、開示する行為
      6. 公序良俗に反する行為又はそのおそれのある行為
      7. 犯罪行為若しくは犯罪行為に結び付く行為又はそのおそれのある行為
      8. コンピュータウィルス等の有害なプログラムを、本サービスを通じて又は本サービスに関連して使用し又は提供する行為
      9. 法令に違反する行為又は違反するおそれのある行為
      10. その他、当社が不適切と判断する行為
    2. 前項に該当する利用者の行為によって当社及び第三者に損害が生じた場合、利用者は一切の責任を負うものとし、当社に迷惑を掛けないものとします。

    第13条(著作権等)

    1. 利用者は、利用者が本サービスの利用に際して作成したもの(有体物及び無体物の両方を含みます。以下同様。)の知的財産権(著作権、意匠権、特許権、実用新案権、商標権、ノウハウを含みますが、これに限られません。)の全部又は一部につき、当社に対して、当社が本サービスの提供に必要な限度で任意かつ無償で使用すること及びその際に著作権者である利用者の氏名の表示を省略することを許諾するものとします。
    2. 利用者は、利用者が本サービスの利用に際して作成するものにつき、第三者の著作権その他の権利を侵害しないことを表明し保証します。
    3. 本条の規定に違反して紛争が発生した場合、利用者は、自己の費用と責任において当該紛争を解決するとともに、当社をいかなる場合においても免責し、損害を与えないものとします。
    4. 利用者が本条に違反しているおそれがある場合には、当社は、利用者の事業所を立入検査することができるものとします。

    第14条(その他の権利)

    1. 本サービスを構成する全てのプログラム、ソフトウェア、教材、サービス、手続き、商標、商号及びそれに付随する技術並びに権利全般は、当社又は当社の委託先に帰属するものとします。
    2. 利用者は、本ウェブサイト上に、自らアップロードしたデータについて生じた全ての法的責任を負うものとします。

    第15条(サービスの中止・中断)

    1. 当社は、以下の事項に該当する場合、本サービスの運営を中止又は中断できるものとし、本サービスの中止又は中断にかかる責任を負わないものとします。
      1. 本サービスのシステムの保守を定期的に又は緊急に行なう場合
      2. 戦争、暴動、騒乱、労働争議、地震、噴火、洪水、津波、火災、停電その他の非常事態により、本サービスの提供が通常どおりできなくなった場合
      3. 本サービスを提供するシステムに故障等が生じた場合
      4. その他、当社が、本サービスの運営上、一時的な中止又は中断が必要と判断した場合
    2. 当社は、前項の規定により、本サービスの運営を中止又は中断するときは、あらかじめその旨を利用者に通知するものとします。但し、緊急やむを得ない場合は、この限りで はありません。

    第16条(免責事項)

    1. 当社は、本サービスの内容及び利用者が本サービスを通じて得る情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等のいかなる保証も行わないものとします。
    2. 本サービスの提供、遅滞、変更、中断、中止、停止若しくは廃止、本サービスを通じて提供される情報等の流失若しくは消失等、又はその他本サービスに関連して発生した利 用者又は第三者の損害について、本規約に別途定めがある場合を除いて、当社は一切の責任を負わないものとします。

    第17条(損害賠償、違約金)

    1. 利用者が本規約に違反し又は不正行為により当社に対し損害を与えた場合、当社は利用者に対し損害賠償請求ができるものとします。
    2. 利用者が本サービスの利用により第三者に対し損害を与えた場合、利用者は自己の費用と責任でこれを解決し、当社に対し一切迷惑を掛けないものとします。
    3. 本規約に基づいて当社が利用者に対し賠償責任を負う場合、当社の賠償額は、いかなる場合でも、利用者が当社に支払った利用料金相当額を上限とするものし、当社はそれ以外にはいかなる賠償責任も負担しないものとします。
    4. 本規約第9条第3項違反の行為が発覚した場合、利用者は、申込時に届け出た受講者数の3倍の利用料金を、また、本規約第12条違反の行為が発覚した場合、金百万円を、 それぞれ違約金として、当社に支払うものとします。なお、本項の規定は、当社の利用者に対する損害賠償請求を制限するものではありません。

    第18条(準拠法)

    本規約の成立、効力、履行及び解釈に関しては日本法が適用されるものとします。

    第19条(協議解決及び管轄裁判所)

    1. 本サービスに関連して、利用者と当社との間で紛争が生じた場合には、両当事者において誠意をもって協議し解決するものとします。
    2. 前項の協議をしても解決しない場合には、当該紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

    以上

    制定:2018 年 10 月 1 日