導入事例の説明を、更に効果的にする「プラスα」は…?

A社との商談。商品概要は既にお伝えしているので、今日は具体的な導入事例を中心にお話しします。
事例ごとに、導入前の課題、導入後の効果、導入時のポイント…。あとは何を伝えるべき?

事例説明において、「導入時のミス」「私が受注したという自己アピール」などは余計な話。失態や自画自賛は、逆効果になりかねません。また、各社の基本情報(社名、資本金、社員数など)は紹介した方がよいでしょうが、株価のように導入に直接関係ない情報をぺらぺら開示するのも危険です。
それよりも、「本当に役に立つの?」と考えているお客様に、「これなら大丈夫そうだ」と感じていただくことが大切。経営者や現場の方々など、ユーザーのリアルな感想を添えれば、話に信頼性が増し、聞き手のイメージも湧きやすくなります。

もう一度考えてみよう!

閉じる