商談前のイメージトレーニングで本当に有効なのはどれ?

明日、大きな商談を控えているAさん。先輩から、「ちゃんとイメトレ(イメージトレーニング)しておきなよ」との助言が。
Aさんが行う準備として、最もよいものはどれでしょうか?

大切な商談、あるいは新規開拓。そのための準備として、イメージトレーニングはたいへん有効です。
この時、是非「楽観的なシナリオ」と「悲観的なシナリオ」の両方でイメージしておくことをお勧めします。
ほとんどの場合、極端に楽観的なことも、極端に悲観的なことも起こりません。現実に起きうることはたいてい、その間のどこかに落ち着きます。
ですから、「楽観的なシナリオ」と「悲観的なシナリオ」を両方準備しておけば、本番で何が起ころうとも、それはすべて想定の範囲内のこと。十分対応できるわけです。

もう一度考えてみよう!

閉じる