顧客分析の第一歩! 「コトラーの6O(シックスオー)」とは?

なかなか成果の出ないAさんは、まず市場の分析をやってみようと思い立ちました。
すると先輩から「コトラーの6O(シックスオー)が役立つよ」との助言が。
次のうち6Oに含まれる要素は?

コトラーの6O理論では、市場を構成する要因を6つのOとして挙げています。Occupants(誰が市場を構成してるか)、Objects(何を買うのか)、Occasions(いつ買うのか)、Organizations(誰が購買に関わるか)、Objectives(なぜ買うのか)、Operations(どのように買うのか)。
顧客分析の第一歩は、このような大局的なマーケティングから入るとよいでしょう。近年は、ポイントカードや通販の影響力も大きいので、Outlets「どのチャネル(商流)で買うか 」という7つ目の視点もあるとなお良いですね。

もう一度考えてみよう!

閉じる