プレゼンは「ストーリー」で語れ! …って、どういう意味?!

売れる営業パーソンは、プレゼンで商材のメリットや特長を「ストーリー」で語っています。物語、言い換えるならエピソード、事例になります。そうすることで、こちらが伝えたいことを相手の印象に深く刻むことができるのです。
問題文ではスマホをテーマにしていましたが、ここで別の例を挙げてみましょう。自動車のラゲッジスペースの広さを印象付けたい場合です。「容量が530ℓになりました」という説明と、「後部座席を倒さずにゴルフバッグが4個積めます」という表現。どちらが効果的か、言うまでもありませんね。

もう一度考えてみよう!

閉じる