詳しくはこちら
  1. 営業サプリTOP
  2. 常見陽平が聞く!営業バンザイの記事一覧
  3. 格闘家・青木真也に聞く「動じない」営業力とは

格闘家・青木真也に聞く「動じない」営業力とは

常見陽平がインタビュアーとして様々な人物の「営業観」を浮き彫りにする連載「常見陽平が聞く!営業バンザイ」。記念すべき第1回は、アジアでトップレベルに稼ぐ格闘家、青木真也選手。
「DREAM」「ONE FC」の2団体で世界ライト級王者に輝くなど、一流のファイターであるにも関わらず、フリーランスの格闘家としてマネージメント業務も自ら手掛けている。
様々な経験から「動じない」営業力を身に着けた青木選手に話を聞いた。

【1】ここはお金がある場所か? 嗅覚を働かせよう

常見陽平(以下、常見)営業の連載なのに、格闘家? と思った方も多いと思うのですが、第1回はぜひ超一流のビジネスマンでもある、超一流の格闘家、青木選手にお話を伺おうと決めていました。

最初に青木選手の経歴について簡単に紹介したいと思うのですが、早稲田大学在籍時から格闘家として活躍。
卒業後、一度警察官になり、2ヵ月で辞めてその後プロに転向。所属団体が2度倒産。
現在はシンガポールを中心に、アジアでも随一の“稼ぐ格闘家”として活躍しています。

格闘家の多くがマネージャーやジム任せの中、青木さんは交渉から試合時のホテルのブッキング、請求書の作成まですべて自分で手掛けていますよね。自分を売り込むことが営業の基本であれば、青木さんは営業のプロだと言えます。
シンガポールを主戦場に選んだのはなぜですか?

青木真也氏(以下、青木)僕がはじめてシンガポールに行ったのは、技術を教えてくれと格闘技のセミナーに呼ばれたのがきっかけだったのですが、その様子から「ここはお金がある場所だ」と思いました。

この業界で10年以上仕事をしていると、お金を使う人を見る機会が多くなります。
その人がどのような払い方をするのかで、お金に対するその人の感覚が分かるようになってきたんですよね。「嗅覚」と言うべきか。
これ、どのくらい言っていいのか分かりませんが、領収書の切り方でも……

画像を説明するテキスト

常見ああ、リアルですね……大金を支払ったからといって、その人がお金を持っているわけじゃない。

青木新興でお金が集まっている場所は儲かります。
格闘技は、人が人を売る仕事です。一番お金をもらえるときは、団体ができ上がるとき。立ち上がる時には、プロモーションにしてもお金が沢山あります。
しかし市場が成熟してしまうと、適正価格になってしまうのです。言い方は悪いですが「ぼったくれない」。だから、盛り上がってからではなく、盛り上がる前に参加したいと思いました。

それに世界経済的な流れから見ても、これからシンガポールは発展するでしょう。格闘技業界の流れと、世界経済の流れ。この2つを読んでシンガポールにいったのです。

常見格闘技業界だけではなく、世界の潮流まで考えるのが青木さんのすごい点ですよね。お金がうなっていて、かつ自分が高く売れる新興の場所を見つけだした。
企業でも同様で、上場したばかりの会社はお金があるし、求人広告にもお金をつぎ込んで人材を獲得するだけでなく、羽振りの良さをアピールします。
自分の営業先にお金があるのか、もしくはお金を払える時期なのか、いい営業になるためには、嗅覚が必要です。青木さんはその嗅覚を磨くために、気をつけていることはありますか?

青木格闘技の世界の人と近くなりすぎると、鼻が利かなくなると思います。かといって、離れすぎると忘れられる。
近からず、遠からず。どこにも軸足がないが、触れることができる距離感を取ることですね。関係性で敵をつくる流れはすぐできてしまいますから、そこには徹底的に屈しないようにしています。

この記事の情報は公開時点のものです。