詳しくはこちら
  1. 営業サプリTOP
  2. 常見陽平が聞く!営業バンザイの記事一覧
  3. おもちゃ開発者・高橋晋平に聞く、大ヒットを生み出すこれからの営業力

おもちゃ開発者・高橋晋平に聞く、大ヒットを生み出すこれからの営業力

常見陽平がインタビュアーとして様々な世界で活躍する人物の「営業観」を浮き彫りにする連載「常見陽平の営業バンザイ!」。
第3回は、全世界で335万個を売るベストセラーとなった「∞(むげん)プチプチ」(バンダイ)シリーズの開発に携わり、現在は株式会社「ウサギ」代表取締役の高橋晋平氏。
会社員時代の社内営業や、自ら開発したおもちゃを店頭に立って販売した経験から見えてきたものは何か?

肝いり企画を潰されたくないなら社内営業をしよう

常見陽平(以下、常見)前回、エステーの執行役宣伝部長兼エグゼクティブクリエイティブ・ディレクターの鹿毛康司さんにお話をお伺いしたところ、「ビジネスパーソンは、ずっと営業をやり続ける」という話が出ました。
営業に限らず、企画の仕事でも社内営業をしないと自分の企画を通すことができません。そんな中、高橋晋平さんは「∞プチプチ」シリーズなど、画期的な企画をバンダイの中で通してこられた。まずお伺いしたいのは、高橋さんの社内営業についてです。

高橋晋平氏(以下、高橋)社内営業はまさに意識してやっていました。実は企画を通せるようになるまでには、入社から2年かかりました。いくら考えても通用しない時代がありました。

対談風景

常見最初からバンバン企画が通っていたわけではないんですね。

高橋そうなんです。ぼくは「人を笑わせたい」と思ってこの仕事をはじめたのですが、当時は「社内でウケればいいや」とか、「シュールな感じのものを作って、ネットでちょっと話題になればいいや」とそんなことばかり考えている痛い奴でした。

だから「お前、それ自分で売ってこれるの?」と上司に言われたらなにも言い返せない。それなのに「この会社は、全然企画が通らない」「おもちゃはもう売れない」と愚痴を言ってましたね……。

そんな中で、どうしても潰されたくない、売りたい商品を思いついたんです。その時に「自分はこの企画を本当にやりたいんだ」と気が付きます。言ってみれば、それまで本当にやりたい企画を考えてこなかったんです。

そこから、社内営業をはじめます。「∞プチプチ」を作った時も、「売れるデータがあるのか」と言われたら「プレゼンだけでもさせてほしい」と食い下がりました。

常見「∞プチプチ」は大ヒットしました。そのあとは、社内営業をしやすくなりましたか?

高橋年数を重ねるにつれて、求められる能力が変わってきました。当時は入社3年目で、「若手の勢い」だけで突っ走って、周りも許してくれていた。
ですが、だんだん年数を重ねていくと、勢いと思いだけではダメで、どれくらい考えているのか、戦略まで社内から求められるようになりました。そこから、あの手この手で通す方法を考えはじめます。社内営業は本当に大切です。

この記事の情報は公開時点のものです。