詳しくはこちら
  1. 営業サプリTOP
  2. 常見陽平が聞く!営業バンザイの記事一覧
  3. 雇用ジャーナリスト・海老原嗣生に聞く、AI時代の営業の働き方

雇用ジャーナリスト・海老原嗣生に聞く、AI時代の営業の働き方

常見陽平がインタビュアーとして様々な世界で活躍する人物の「営業観」を浮き彫りにする連載「常見陽平の営業バンザイ!」。
第4回は、『「AIで仕事がなくなる」論のウソ この先15年の現実的な雇用シフト』(イースト・プレス)の著者で雇用ジャーナリストの海老原嗣生氏。ダメ営業パーソンこそAIの恩恵に預かれる!? AI時代の営業の生き残り方について話を伺った。

【1】AIで仕事は「すき間労働」化する?

常見陽平(以下、常見)海老原さんの最新作を読みました。新境地ですね。海老原本は常識の嘘をデータやファクトから検証するところに面白さがありますが、今回は未来予測もしているという。

海老原嗣生氏(以下、海老原)ありがとうございます。

常見本日はAI導入後の営業の未来について、海老原さんにお話を伺いたいと思います。この本の面白い点はAI悲観論も楽観論もウソだと言い切っているところです。海老原さんは本の中で「営業はあと15年なくならない」とおっしゃっていますよね。

海老原全然なくならない。「すき間労働」にはなりますが、あと20年は確実になくならないです。

海老原氏

常見おお! 力強いですね。「すき間労働」とは具体的に何ですか?

海老原人間は1つの仕事の中で様々な作業をしています。
例えばお店のレジを考えてみましょう。ただ値段を計算するだけではありません。生ものは薄いビニールにつめたり、硬いものは下につめたり、お箸やお手拭きをつけたり、コンビニだったらタバコを出したり…それらをAIが代替することは出来ません。正確に言うと、出来ないことはないのですが、全部やろうとすると機械をいくつも導入するはめになります。

常見コストがかかりすぎてしまいますね。

海老原はい。そうなると優先的にAI化されるのは、熟練業務です。例えば、寿司職人だったら今まで何年も修行しないと身につかなかった魚を切ること、握ることがAIで機械化されます。その結果、銀座の高級店と変わらない技術が、簡単に導入できるようになるのです。

ですが、人間の仕事はなくなりません。魚の皮を剥ぐとか、冷蔵庫から出すとか、湯につけるとか、そういう、機械化するほどではない仕事が残ります。

常見作業はなくなるけれど、仕事はなくならないのですね。昔は、駅の改札には人が立っていて、熟練の駅員さんが切符を手作業で切っていましたよね。
現在、改札はほぼ機械化されていますが、それでも改札横には駅員さんが必要です。切符がつまったとか、ICカードの不具合があったとか、間違えて入ってしまったとか。まさに「すき間労働」ですよね。

海老原氏

海老原そうです。だれでも出来る業務や、イレギュラーな作業が残っていくのです。

常見みんな逆だと思っていますよね。努力してAIに負けないように漠然と自分磨きしている人も多いと思います。

海老原そうなんですよ。AIに仕事を取られてしまうからと、営業から会計士や税理士の資格を取ろうとするのは無駄だと思います。そういった知的熟練業務ほど、AIが得意なんです。むしろ営業のほうが生き残ります。だから「営業サプリ」を読んでいる方は、そのまま仕事を続けていったほうが絶対にいいです。

この記事の情報は公開時点のものです。