詳しくはこちら
  1. 営業サプリTOP
  2. 常見陽平が聞く!営業バンザイの記事一覧
  3. 作家・はあちゅうに聞く、「自分」を売り込む営業術

作家・はあちゅうに聞く、「自分」を売り込む営業術

常見陽平がインタビュアーとして様々な世界で活躍する人物の「営業観」を浮き彫りにする連載「常見陽平の営業バンザイ!」。
第5回は、作家・ブロガーのはあちゅう氏。慶応大学在学中に企業からスポンサーを募り卒業旅行をし、電通、トレンダーズを経て、現在は執筆、オンラインサロンの運営を行うなど精力的に活動するはあちゅう氏の根本には、地道な営業力があった!? いま話題のインフルエンサーに話を聞いた。

【1】電通時代の印象にのこる営業パーソン

常見陽平(以下、常見)はあちゅうさんは、自分売り込むという意味で、すごい営業パーソンだとぼくは思っているんです。

はあちゅう氏(以下、はあちゅう)嬉しいです。

常見でも、はあちゅうさんって営業職の経験はないですよね。

はあちゅうないですね。インターネットの部署とクリエイティブ職、美容メディアの編集長、新規事業開発、それからフリーランスになったので、「営業」と名前がついた仕事はないです。

はあちゅう氏

常見まずは電通時代のお話をお伺いしたいのですが、電通って世間一般では営業の会社っていうイメージがあると思うのですよ。この人すごいなぁと思った営業マンの方はいますか。

はあちゅう電通にはいろんなタイプの人がいました。仕事じゃないところでクライアントの心をつかんでくる人。飲み会で勇姿をみせて仕事につなげた人もいます。すごく頭がよくてクリエイティブの言うことをクライアントに角なく伝えてくれる人もいました。

あとはクライアント想いの営業さんは多かったですね。例えばカメラメーカー担当の営業だったら、そこの製品を買う。自動車メーカー担当の中には、車を買い替える人もいます。クライアントの商品を自分がいちばんに使ってみるという精神が電通全体にあったので、そこは筋が通っている感じがして好きでした。
ただ、どうしてもクライアントの立場が強くなるので、電通の長時間労働問題につながっているのかもしれません……。

常見批判されている「極度なクライアント至上主義」ですね。ちなみに、素敵な営業パーソンを見ていて、はあちゅうさん自身が学んだことはありますか?

常見陽平

はあちゅう私個人の体験としては、ユーモアを交えたメールを送ってくれる人が印象的でした。例えば、クライアントさんが魚関係の本を出した時があったんです。その時ある営業さんが、メールの語尾を魚介類にしていて(笑)。

常見はははっ、魚介類?

はあちゅう「イカします」とか「~しタイ」とか、魚介類を入れてくるんです。そこからチームの中で語尾を魚介類にすることが流行って、チームの人間関係がよくなりました。私はまだ新人だったので、こういう先輩と大喜利みたいにメールできるのは楽しいなと思っていましたね。

この記事の情報は公開時点のものです。