詳しくはこちら
  1. 営業サプリTOP
  2. 常見陽平が聞く!営業バンザイの記事一覧
  3. サプライチェーンコンサルタント・坂口孝則に聞く「潮目」を読む力

サプライチェーンコンサルタント・坂口孝則に聞く「潮目」を読む力

常見陽平がインタビュアーとして様々な世界で活躍する人物の「営業観」を浮き彫りにする連載「常見陽平の営業バンザイ!」。
第6回は、サプライチェーンコンサルタントの坂口孝則氏。 著書の『未来の稼ぎ方』(幻冬舎新書)では、2038年までの変化と、それに伴うビジネスチャンスを予測した。
営業はこれからコテコテ路線に戻る? 坂口氏が見る、営業の未来とは!?

【1】営業先へは「おみやげ」を渡せ

常見陽平(以下、常見)今回は調達・購買のプロフェッショナルである坂口孝則さんにお話を聞きます。
社会の変化が激しくて、今までの経営学の教科書的な理論が通じなくなっているという議論があります。 今のAmazonの戦略をポーター理論で果たして深く読み解けるのか……。

そんな中で、『未来の稼ぎ方』では、これからの未来に起こる変化と、その持つ意味を読み解いています。
オンラインサロンビジネス、終活、代替エネルギーやドローンなど、今、直視すべきキーワードを網羅しつつ、今後起こる変化と合わせ、意味付けしています。

坂口孝則氏(以下、坂口)ありがとうございます。
本では検証性を重視しました。最先端の人しかアクセスできないような情報で一冊書く本も面白いのですが、誰にでも手に入るデータのみで書きました。
本を読んで、「そんなの嘘だろう!」と思ったら、是非、巻末のデータを使って自分で検証してほしいなって。

  

常見こういう本って、不安を煽るようなものになりやすいですよね。「日本型雇用の崩壊だ!」とさんざん叫ばれてきました。何年かに1度、その手の言説が流行ってきましたし。
その点『未来の稼ぎ方』は基本的にはポジティブな論調ですよね。

対談風景

坂口この本を書く際に、明るい本にすることは意識しました。
執筆の前に、未来像について書かれた新聞記事を調べてみたら、60年代に小説家の高橋和巳が面白いことを書いていました。当時も未来を予想することが流行していました。彼は、このような未来予想が流行る背景に、原水爆の恐怖があると指摘します。その記事の書かれた前に、第五福竜丸のような事件があり原水爆の危機がリアルに感じられていました。そんな時に未来予想をすることで、「未来はどうしょうもない」と諦め、逆説的ながら安心しようとしているのだと。

そして、50年後の今に目を向けると、再び未来予想が流行っています。
現在あるのは人口減少とAIへの恐怖でしょう。そして60年代と同じように、「未来はどうしょうもない」と安心したがる需要に応え、悲観的な未来予想の本が増えています。
だからこそ、この本では「稼ぐ」をテーマにして明るい方向に転換したいという思いがありました。

常見素晴らしいですね。
僕が感じたのは、『未来の稼ぎ方』は、優秀な営業パーソンが持ってくる「おみやげ」のようなものだということです。

   

坂口ええっ、どういうことですか。

対談風景    
   

常見リクルートの優秀な営業パーソンは、常に営業先におみやげを持って行っていました。菓子折りを持って行くわけではなく、「最近、こんなお役立ち情報がありまして」と話のおみやげを持って行くんです。
そうすることで、勉強熱心な営業パーソンとしてセルフブランディングできますし、更にその状況を見ながら取引先の関心がどこにあるのかを探ることができる。
この本には、そういうおみやげ話がいっぱい詰まっています。営業ツールとしてかなり役立つ本だと思いました。

坂口「おみやげ」ですか。そう使っていただけるのは、嬉しいですね。

この記事の情報は公開時点のものです。