法人営業向けオンライン研修サービス 営業サプリで営業力UP! 法人営業向けオンライン研修サービス 営業サプリで営業力UP!
  1. 営業サプリコラムTOP
  2. 特集
  3. 常見陽平が聞く!営業バンザイの記事一覧
  4. 構成ライター・斎藤哲也に聞く、 哲学に学ぶ「空気を読まない批判力」をどう営業に活かすのか?

構成ライター・斎藤哲也に聞く、<br> 哲学に学ぶ「空気を読まない批判力」をどう営業に活かすのか?

常見陽平が様々な世界で活躍する人物の「営業観」を浮き彫りにする連載「常見陽平の営業バンザイ!」。
第7回は、人文思想や社会科学分野の編集や構成を数多く手掛ける斎藤哲也氏。監修・編集した『哲学用語図鑑』(田中正人著・プレジデント社)は哲学関連の書籍としては異例の15万部のベストセラーとなった。最新作の『試験に出る哲学』(NHK出版新書)も即重版となっている。営業パーソンはなぜ哲学を学ぶべきなのか?哲学からなにを学ぶことができるのだろうか?一緒に考えてみよう。

【1】ピンチはアピールの大チャンス

常見陽平(以下、常見)編集者、ライターとして大ヒット作を生み出し続けている斎藤哲也さんにお話をお伺いします。斉藤さんのお仕事は、なんというんですかね。構成作家ですか……?

斎藤哲也氏(以下、斎藤)広く編集やライターをしてきましたが、近年は「構成ライター」の仕事が増えてきました。構成ライターというのは、簡単に説明すると、誰かに成り代わって本を書く仕事です。

  

常見様々なライターがいる中で、齋藤哲也さんに指名がいっぱい入るのはなぜなんでしょうか。

斎藤哲也氏

斎藤いくつか理由があると思っています。ぼくがやっている人文・社会科学分野のライターは、おそらく他分野に比べて人数が少ない。その時点で選ばれる確率が上がりますよね。加えて、一定の技術があり、意思疎通がそれなりに出来ること。この掛け算じゃないでしょうか。

常見実際の取材では、口が重かったり、事実を勘違いしたまま話をしていたりする。テープ起こしを全部載せるわけではないので、どこに光を当てるのかはライターの腕の見せ所ですよね。

   

斎藤人によってまとめる難易度は違いますね。同じ1時間でも、原稿にする時間が数倍違うことは頻繁にある。例えば対談なのに、発言の量が1対9の時……

   

常見ドキッ。私、その傾向があるんですよ。よく喋るか、徹底的に聞くモードになるかという。

斎藤そんなことは頻繁にあって、同席した編集者も頭を抱えてしまう。でも、ピンチの時こそライターとしてアピールするチャンスです。ピンチを救っていい原稿にすると、相手の信頼度がピュっと上がる気がします。分かりやすく話す人のインタビューをまとめるのは、ある程度、経験を積めばそれなりにできますから。

   

常見仕事の信頼を勝ち得るのは仕事しかないですからね。斎藤さんなりの営業術はありますか? ぼくは自分の本は手売りして、握手をするのが結局は最強だと思っています。

斎藤営業はほとんどしないというか、する時間がないんです。ただ、構成した本が名刺代わりになってくれるので、新しい依頼はコンスタントにあります。あと、異論はあると思いますが、ぼくのような構成ライターにとって直接のお客さんは出版社です。だから、読者の方に手売りをするという発想はあまりないですね。そこは常見さんと違うところかもしれません。

常見陽平
  

常見いわばBtoBだと。

斎藤ええ。その意味では、編集者にいい原稿を渡すことがそのまま営業になるんじゃないかと。仮に握手をするとしても、その相手は編集者なのかもしれません。

 

常見齋藤さんは「お客さんが誰なのか?」を見極めて、ブレずに仕事をしているんですね。

この記事の情報は公開時点のものです。