法人営業向けオンライン研修サービス 営業サプリで営業力UP! 法人営業向けオンライン研修サービス 営業サプリで営業力UP!
  1. 営業サプリコラムTOP
  2. 「売れる営業」養成講座 の記事一覧
  3. 話し方1つでプレゼンは劇的に変わる!相手を惹きつけるポイントは「描写」にあり
プレゼンは実況中継のように話す

話し方1つでプレゼンは劇的に変わる!
相手を惹きつけるポイントは「描写」にあり

話し方1つでプレゼンは劇的に変わる!相手を惹きつけるポイントは「描写」にあり

「新人のMさんが初受注をあげた」という説明と「新人のMさんが、『初受注、あげましたっ!』と握った拳(こぶし)を突き上げながらオフィスに駆け込んできた」という描写のどちらに人は心を動かされるだろうか?
もちろん後者なのだが、この特性をプレゼンに活かさない手はない。
今回は聞き手を惹きつける「描写」というコミュニケーションの様式について共有する。

重要な場面や、他社と差別化を図りたい場面では「描写」を用いる

小説は、「説明」と「描写」でできているものの、「説明」だらけの小説なんて誰も読まないし、主人公や登場人物たちの心理描写や風景描写がその作品のクオリティーを決めるキモだ。
もちろんプレゼンはほぼ「説明」で構成されるものではあるが、重要な場面や他社と差別化を図りたい場面では「描写」を用いると、より相手の印象に残るようになる。

例えば、スマホで撮影したロープレシーンをアップロードしてコーチ役からレビューを受ける仕組みをプレゼンしている一場面。
これを相手に伝わるように説明するとこのようになる。

この説明でも十分に内容が伝わるが、従来の課題の部分を描写にすると次のようになる。下線部が描写の部分だ。

このようにキモとなる箇所を「描写」で表現すると、リアル感が増すために相手の共感を得やすくなる。
なぜならそのシーンがイメージしやすくなるので、「そうそう、うちでもある」と感情移入するからだ。

話し方1つでプレゼンは劇的に変わる!相手を惹きつけるポイントは「描写」にあり

更にもう一例、この文脈でロープレの効用について「描写」すると;
「最も短期間で営業パーソンを1人前にするトレーニング法はロープレに違いないんですが、自分のロープレをビデオで録画して見てみると、「自分はこんなに早口だったのか」とか「なんかこんなに一方的に話していたのか、全然、相手が話していない」と愕然とする訳で。
まさに“百聞は一見に如かず”で録画した方が確実に効果はあがります。
それが、いまやスマホやタブレットで簡単に録画できるようになったので…」

といった展開になるので、参考にして欲しい。

まずは「事例紹介」に「描写」を取り入れてみよう

実際、自身の営業のどの場面で「描写」を試すかが思い浮かばないなら、事例紹介からスタートするのがお薦めだ。
ユーザーの「Before After」つまり、抱える課題への不満、それが解消した際の生の声をそのまま「描写」するのだ。
その際、自分が担当した事例でない場合は、担当者から生情報を仕入れておくと自分自身が感情移入できるために説得力が増す。

私が開発した「営業サプリ」で一緒に学びませんか?

講師:大塚寿

ここで述べているノウハウやスキルは、読んだだけでも充分勉強になります。しかし、これだけでできるようになるわけではありません。実際の営業場面で「できる」ようになるためには『実践とフィードバック』が必要になります。
私が株式会社サプリと開発した『営業サプリ』は、自分自身の営業を前提に実践しながらオンラインで学ぶコースです。しかも専門コーチがマンツーマンで指導する仕組みになっています。
売れる営業パーソンになるスキル大全を身につけるオンライン研修、『営業サプリ』で「わかった」→「できた」→「売れた」になりませんか。さあ、一緒に学びましょう!

養成講座紹介

この記事の情報は公開時点のものです。

この記事の著者・著書

エマメイ先生(大塚寿)

営業養成講座 講座一覧

営業養成講座 講座一覧

6プレゼンテーション

勝つプレゼンは作法と法則の塊なのだ!

更新
など全14講座!